トレチノイン治療

トレチノイン治療

トレチノイン治療とは、ビタミンA誘導体であるトレチノインという塗り薬をお肌に塗布することで、肌のターンオーバーを促進し美肌効果、若返り・アンチエイジング(老化防止)効果のあるスキンケアです。トレチノイン治療は、皮脂分泌の抑制効果がありますのでにきび治療に効果的なのです。「トレチノイン治療」ではトレチノインの効果と注意点について解説します。

トレチノイン治療一覧

スポンサードリンク

トレチノイン治療とは
トレチノイン治療とは トレチノイン治療とは、ビタミンA誘導体であるトレチノイン(オールトランスレチノイン酸、レチノイン酸)という塗り薬をお肌に塗布することで、肌のターンオーバーを促進し美肌効果、若返り・アンチエイジング(老化防止)効果のあるスキンケアです。 生理活性は通常のビタミンAの100倍以上あると言われ、古い角質をはがし、真皮層のコラーゲンを刺激する事で肌の生成を早めます。その結果、本来の瑞々しい肌の潤いやはり、弾力を取り戻すだけでなく、表皮の基底層に沈着したしみ(メラニン色素)をどんどん浮き上がらせ、ついには剥がしてしまいます。 お肌のシミだけでなく、ターンオーバーを促進し皮脂の分泌を抑制する効果がありますので、ニキビやニキビ痕治療にも効果ありますし、シワの解消にも効果を発揮します。日常のスキンケアの延長で継続治療できるところがトレチノイン治療のメリットです。...
トレチノインの使い方と治療手順
トレチノインクリームの使用手順 トレチノインクリーム(塗り薬)の使い方には一応の手順があります。トレチノインクリームは、ハイドロキノン(塗り薬)と併用するケースが多いので併用した場合でご説明します。 ▼トレチノインとハイドロキノンの治療手順 1.治療前の洗顔 2.ビタミンCローションを塗布 3.トレチノインクリームをしみ等の患部に塗布 4.5分後トレチノインを洗い流し、ハイドロキノンを患部と患部周辺まで塗布 5.紫外線(UV)ケアを施す ビタミンCはトレチノインやハイドロキノンの刺激を和らげるために洗顔後すぐに塗ります。トレチノインの肌代謝効果は強力なためトレチノインの塗布箇所はシミ等が目立つ患部の範囲にとどめます。さらに美白(肌の漂白)効果の高いハイドロキノンを患部周辺まで塗布することで、しみ等の原因となるメラニン色素の生成を抑制しシミ等を再び構成しない仕組みをつくっていくのです。...
トレチノイン治療の効果
トレチノイン治療の効果は トレチノイン治療は美白美肌効果、アンチエイジング(老化防止)効果があると言われます。具体的な個別の効果とその理由について次に解説してみます。 ●肌のピーリング、ターンオーバー促進効果 肌のピーリング効果とは、剥がれないまま残っていた古い角質を剥がす効果です。肌のターンオーバー促進にも関連しますが、トレチノインには、いわゆる皮膚(表皮)の繁殖を促し、皮膚(表皮)が生成される表皮底の基底層の活性を促進させる効果もありますので、当然連動した影響を受けるわけです。このピーリング効果により、ニキビや角栓の出来にくい肌を手に入れ、さらには悩みの種であるしみやくすみといった表皮基底層に沈着したメラニン色素を浮き上がらせる周期(ターンオーバー)を早め、短期間で透明感のある本来の美しい肌を蘇らせます。 ●皮脂の分泌の抑制効果 トレチノインは、真皮層のコラーゲンやエラスチン繊維を刺激し乱れたお肌のターンオーバーを正常化させ、皮脂の分泌まで抑制する効果をもっています。それによって脂性肌は解消され、詰まり安かった毛穴や毛穴の開き、さらにはニキビやニキビ痕解消効果まで発揮するのです。 ...
トレチノイン治療の副作用と注意点
トレチノインは安全な薬? トレチノインは米国のFDAにも認可されている外用薬です。そういう意味でもトレチノイン治療は副作用の少ない非常に安全なスキンケアですが、注意点がないわけではありません。いきなりトレチノイン治療を実行する前に以下の点に目を通してください。 ▼トレチノイン治療の注意点 1.治療中の日焼けに注意 2.しっかり保湿を行う 3.妊娠中の方、妊娠の疑いのある方は治療を受けない事 4.治療薬の使用方法に注意 治療中は肌代謝が活発で紫外線に弱い状態にあるため、しっかりとUV(紫外線)対策を行い、保湿力も一時低下しますので、保湿にも注意しなければなりません。実はトレチノインは米国ではニキビの第一外用薬と言われるほど一般化されているのですが、日本ではまだ医薬品として認められていません。そして塗布外用薬としては副作用等ありませんが、内服では催奇形性がありますので特にご注意ください。当然妊娠中の方は治療を避けるようにしてください。...
トレチノイン治療とハイドロキノン
トレチノイン治療の効果を引き出す トレチノイン治療はハイドロキノン塗布薬を併用すると非常に効果が高まります。トレチノインは、肌に塗布する事で真皮層のコラーゲンやエラスチン繊維を刺激し肌代謝・ピーリング効果を発揮し肌のメラニン色素を浮き上がらせ、新鮮な肌を呼び戻します。 これに加えハイドロキノンがメラニン色素を合成する酵素の働きを弱めメラニン色素を構成する細胞(メラノサイト)の数を減らすため、相乗効果でしみやくすみになりにくい肌を実現し、美白美肌効果をもたらすのです。 トレチノインとハイドロキノンは単独治療よりも併用治療がより効果的です。治療の手順・方法については「トレチノインの使い方と治療手順」をご覧ください。...

スポンサードリンク