頬(ほお)の毛穴ケア

頬(ほお)の毛穴ケア

頬の毛穴の汚れや黒ずみは、見える部位なだけに、早く対処したいところです。放置していると化粧でも隠せないほど深刻になります。頬の毛穴の黒ずみも、他の部位と基本的には同じケア(治療)で良いのですが、意外に見落としていることも多いのです。「頬(ほお)の毛穴ケア」では、毛穴ケアの方法を基本から解説していきます。

頬(ほお)の毛穴ケア一覧

スポンサードリンク

頬(ほお)の毛穴の黒ずみはなぜ出来るのか
頬の黒ずみ 女性の大敵「毛穴の黒ずみ」は頬(ほお)にも出来ます。毛穴の黒ずみは皮脂の分泌量の多い部分に出来ますので、顔では額や頬(ほお)、鼻といったTゾーンやUゾーンで目立つというわけですす。 毛穴の黒ずみは、お肌のターンオーバーの乱れにより剥がれ落ちずに残っていた角質と多量に分泌された皮脂とが混ざり合って毛穴内部に残り、毛穴外へ排出されないまま毛穴内に溜り固まってしまった角栓が酸化し黒色に変色することにより発生します。化粧品の洗い残しやほこりなどの外的要因と皮脂が混ざり合い黒ずみの印象を与える場合もありますが、殆どの場合は毛穴の角栓が酸化したものと考えて良いでしょう。 Tゾーンからは少しはずれますが、頬(ほお)も例外ではなく、皮脂量が多く角栓が出来やすいために毛穴の開きが目立ち角栓の酸化により黒ずみが生成されると言うわけなのです。...
頬(ほお)の毛穴の角栓を除去(掃除)
毛穴の掃除で黒ずみ解消 毛穴の黒ずみの原因は、毛穴に詰まった角栓であることはお話しました。では、この毛穴の角栓を除去するにはどうしたら良いのか、毛穴のお掃除の方法を解説いたします。 毛穴の角栓を除去するには、まず日常の洗顔スキンケア、当然、正しいスキンケアを継続して行うことが必要になります。毛穴の角栓は肌のターンオーバーの乱れにより剥がれ落ちなかった古い角質が残っていたことにより誘発されるのでまずこの古い角質を確実に洗い流し、正しいターンオーバーを促進させることが重要になると言うわけです。 毛穴の詰まりが軽いときは 毛穴の角栓の詰まり具合が軽症な場合は、朝晩の洗顔や入浴時の洗顔スキンケアにより改善するケースも多く見られるようです。洗顔用のスキンケア剤(クリーム)を手にとり良く泡立てます。良く泡立てた後、その泡を頬(ほお)の毛穴の黒ずみ、開きが気になる部分に軽く載せ、まるで小鳥をなでるように泡をふんわりと転がします。それだけで洗顔スキンケアクリーム等の本来の洗浄力は発揮されますので、必要以上に患部をこするような事はしてはいけません。返って肌表面を傷つけてしまいますので注意してください。洗...
頬(ほお)の毛穴の開きを引き締めるには
毛穴の開きと過剰な皮脂分泌 頬(ほお)の毛穴が開ききったまま、毛穴が引き締めが起こらずにそのまま放置されることは本人にとって非常にストレスとなります。毛穴の開きは毛穴から分泌される過度の皮脂が原因となることが多く、毛穴入口付近で残ったままになっている古い角質と混ざり合って出来る角栓が毛穴内に生成されることが深く関係しています。 頬(ほお)の毛穴の開きを引き締めて改善させるには、皮脂の分泌を抑える操作と肌(皮膚)のコラーゲンを活性化させることが非常に重要になります。コラーゲンは肌(皮膚)の基礎であり毛穴の伸縮に大きく関係しコラーゲンが本来の弾力性を失えばそれだけ肌にはりがなくなり、シワやシミといった問題も誘発します。 頬(ほお)の毛穴の開きを引き締めるには、まずターンオーバーの乱れにより肌に残ったままになってい古い角質を正しい洗顔スキンケアにより確実に洗い流し正常なターンオーバーを呼び戻すことで過度な皮脂分泌をを抑えること。さらには生活環境や食生活を改善しコラーゲンの活性化に努めることが重要になります。頬(ほお)の毛穴の開きが深刻で精神衛生上問題があるのでしたら、短期間で解消する皮膚科に...
間違いだらけの頬(ほお)の毛穴対策
頬の毛穴ケア 頬(ほお)の毛穴の汚れ、黒ずみ、開きは、毛穴から過度に分泌される皮脂とターンオーバーの乱れにより剥がれ落ちずに残ったままになっている古い角質が原因であることはお話しました。頬(ほお)の毛穴ケアは時間がかかる場合もありますが大抵の場合は日常のスキンケアで改善してしまいます。勘違いしないでくださいね。「正しいスキンケア」でないと改善しないですからね。ここでは意外に間違っている頬(ほお)の毛穴対策について改めて解説したいと思います。 ▼間違いだらけの頬(ほお)の毛穴対策・毛穴ケア 皮脂の分泌が多いからと言って洗浄力の強い洗顔フォーム(クリーム)を使用する 頬(ほお)の毛穴を綺麗に清潔にしたほうが良いので表面の汚れをゴシゴシと洗い流す 頬(ほお)の毛穴に詰まった角栓を力ずくで除去する 頬(ほお)の毛穴パックでじゃんじゃん皮脂を除去する 上記の洗顔(頬:ほお)スキンケアはどれも間違っています。皮脂の分泌が過剰だからといって洗浄力の強すぎる洗顔クリームを使用し、最低限必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌は皮脂が不足しているという信号を送りさらにもっと皮脂の分泌を促します。 またゴシゴシ...
レーザー治療で頬(ほお)の毛穴ケア
頬(ほお)の表面がギトギトし出すと 過度の皮脂分泌で頬(ほお)の肌表面がギトギトしだすと毛穴の開きが目立ちはじめます。お肌のターンオーバーの乱れから剥がれ落ちずに残っている古い角質と混ざり合うと、毛穴の中にたまりだし角栓が硬く大きくなります。そうなると一層毛穴の開きが目だち、簡単な洗顔などでは完治することが難しくなります。そんな時は、皮膚科に相談しレーザー治療・ケミカルピーリング・イオン導入・光治療・フォトRF等の複合治療を受けることも選択肢のひとつとしても良いでしょう。 症状により治療法を選択 毛穴の開きなど症状によって治療法を選択する必要があります。例えば、毛穴の黒ずみが気になるのであれば、まず正しい洗顔スキンケアを取り入れ、ケミカルピーリングで古い角質がたまり難い肌環境をつくっておく必要があります。その上でイオン導入治療、レーザー治療、フォトRF治療を取り入れれば真皮のコラーゲンが刺激され肌のターンオーバーを蘇らせます。時間は若干かかりますが、お肌に負担を与えず治療するには最適です。時間を短縮したいのであれば圧出という方法でうまく黒ずみの角栓を押し出すことも出来ます。その際は押し...
頬(ほお)の毛穴の汚れが落ちない時は
頬の毛穴の汚れ 頬(ほお)の毛穴の汚れが、化粧品の洗い残しやほこり等の外的要因によるもの、また汚れや黒ずみが比較的軽症のものであれば日常の洗顔スキンケアを正しい方法にシフトさせることで徐々に解消されていきます。しかし2ヶ月、3ヶ月、あるいは半年、1年継続して行っても「全く」症状が変らない、前より悪化したなどの悩みを抱えているならば思い切って皮膚科等の専門医療を受診する事をおすすめします。 以下に最新の頬(ほお)の毛穴治療をご紹介しますが、あなた自身の食生活や生活環境やリズム、ストレスのコントロールによって皮膚内のコラーゲンが正常に機能しない場合はいくら高額な毛穴治療を受診したところで頬(ほお)の毛穴の開きや汚れ、黒ずみといった悩みの根本的な解消にはならないということを肝に銘じてください。 ▼頬(ほお)の毛穴の黒ずみ治療 1.ケミカルピーリング 2.レーザーフェイシャル 3.イオン導入 4.フォトRF(オーロラ) 5.圧出・芯だし 6.トレチノイン治療 7.プラセンタ注射 8.ヒアルロン酸注入...

スポンサードリンク