フォトRF(オーロラ)で毛穴ケア

フォトRF(オーロラ)で毛穴ケア

フォトRFには美肌・美白・若返り・アンチエイジング(老化防止)の効果があります。具体的には、お肌の表面に沈着するメラニン色素(しみ、くすみ、そばかす)や毛細血管拡大の影響による赤ら顔を短周波光のフォト(APL:アドバンスト・パルス・ライト)とそれを補完する形で高周波RFで解消・改善します。「フォトRF(オーロラ)で毛穴ケア」では、その具体的な方法について解説しています。

フォトRF(オーロラ)で毛穴ケア一覧

スポンサードリンク

フォトRF(オーロラ)とは
フォトRF(オーロラ)ってどんなもの? フォトRF(オーロラ)は、フォトフェイシャル機器を発案・開発したアメリカ(米国)のパトリック・ビター博士が開発した美肌効果の高い美容機器です。お肌の表面に目立つしみやくすみといったメラニン色素や、肌の奥底(真皮)のコラーゲンの衰減の影響によるシワやたるみといったお肌の悩みを解決する最新医療(機器)です。 従来のレーザー治療や光治療(IPL治療)に比べお肌の奥深く(真皮)部分にまでRF(高周波熱エネルギー)が到達することで表皮のしみやくすみ、毛細血管の拡張等による赤ら顔改善にとどまらず、コラーゲンの再生、エラスチン繊維の生成を促進することではりと弾力性のある瑞々しいお肌を取り戻します。フォトRF治療は光短周波APL(アドバンスト・パルス・ライト)とRF(高周波)の良い部分だけを生かしたアンチエイジング(老化防止)効果という点でも注目される最新美容治療(機器)なのです。...
フォトRF(オーロラ)の効果
フォトRFの効果とは フォトRFには美肌・美白・若返り・アンチエイジング(老化防止)の効果があります。具体的には、お肌の表面に沈着するメラニン色素(しみ、くすみ、そばかす)や毛細血管拡大の影響による赤ら顔を短周波光のフォト(APL:アドバンスト・パルス・ライト)とそれを補完する形で高周波RFで解消・改善します。さらに高周波RFが短周波光のAPLでは届かないお肌の奥底(真皮)のコラーゲンやエラスチン繊維の生成を促進し肌(皮膚)のシワやたるみを解消し毛穴の開きも改善します。皮脂の分泌も正常化されるのでにきびの発生を防止し、にきび跡(ニキビ痕)の改善を助けます。 フォトRF治療は、従来のレーザー治療やIPL治療が局所的集中治療を採用していたのに対し、広範囲の治療、それもエネルギーを抑えながらの治療が可能になったため、火傷やかさぶたの誘発を抑制し、より安全で痛みのない施術が行えるようになりました。...
フォトRF(オーロラ)と脱毛効果
フォトRFには脱毛効果も? フォトRFは脱毛効果が高いことも特徴のひとつです。従来のレーザー治療や光治療では難しいとされていた、産毛や軟毛、細かい毛、白髪などの脱毛も可能になりました。これにより、よりはりや透明感のある美肌効果、アンチエイジング効果が促進されます。 しかし、フォトRFは怖いのでは?フォトRFは痛い治療なのでは?そんなふうに心配されている方もいると思います。 フォトRFは怖い? フォトRF治療は、短周波のIPL光と高周波RFが補完しあいながら効果を発揮しますので、それぞれの周波エネルギーを挙げる必要もないため、従来のレーザー治療などに比べ格段にお肌にとって安全で優しい治療です。 施術中は"パチッ"というくらいの僅かな痛みは伴いますが、フォトRF機材の冷却機能も使用しながら進行しますので、問題にならないくらいの痛みです。それでも気になるようでしたら、皮膚科に相談し、場合によっては麻酔をするなどの対処をしてもらうほうが良いでしょう。...
フォトRF治療の料金はどのくらい?
フォトRFの料金はどのくらい? フォトRF(オーロラ)を使用した治療は、施術する皮膚科、フォトフェイシャル等との併用治療によるパック料金、また治療の部位の広さや場所によって若干違いが見られます。格安料金とまではいきませんが、お試しパックや初診料をかなり引き下げたサービスをされている皮膚科も中にはございますので、受診を考えられている皮膚科に直接お確かめください。※なお以下に記載するフォトRF治療の料金は一部の皮膚科を参考にさせていただいたことをあらかじめご了承ください。 ▼フォトRFの価格 照射1回  約20,000〜50,000円       ・3回セットで約 90,000円       ・6回セットで約150,000円 ※皮膚科によっては初回のトライアルキャンペーン料金10,000円コースなどを用意しているところもありますので状況に応じてご利用されると良いでしょう。...
フォトRFとフォトフェイシャルの違い
フォトフェイシャルとは フォトフェイシャルとはまたの名をIPL治療と言い、優しいカメラのフラッシュ程度の光の照射により、お肌のしみ、くすみ、そばかす、毛穴の黒ずみといった表皮に沈着するメラニン色素(ターゲット)をピンポイントにとらえ改善・治療してしまう美肌効果、アンチエイジング(老化防止)効果抜群の美容治療です。 フォトRFはこのフォトフェイシャル治療の効能に加え、IPL光、APL(アドバンスト・パルス・ライト)光だけでは届きにくい熱エネルギーを高周波であるRFによって補完し、お肌の奥深く(真皮層)にあるコラーゲンやエラスチン繊維の生成を促進します。この効果によりお肌のはりが戻り、しわや毛穴の引き締めが解消され5歳から10歳くらいの若返り効果が見込める最新の美容治療なのです。 フォトRFとフォトフェイシャルの違い フォトRFとフォトフェイシャル治療の最大の違いは、高周波RFが補完的に機能することによる光周波を全体的に弱めお肌に対する負担を軽減できていることにあります。これによりこれまで心配されていた火傷やかさぶた、痛みと言った後遺症はほとんど見られず、フォトRF施術後、通常どおりお化粧...
フォトRF治療には副作用があるのか
フォトRFに副作用はあるの? フォトRFには副作用はありません。しかしフォトRF施術時の体調や肌の調子が悪い場合は、施術語若干の赤みが出たり、かさぶたが目立ったりと症状として現れる場合があります。しかし、基本的にフォトRFで照射する光と高周波RFは周波力が弱いためほとんどの場合、問題になりません。たとえかさぶたが出来た場合でも、すぐに剥がれ落ちますし、大抵フォトRF施術後は、いつもどおり化粧をして帰宅できるくらいなのです。 フォトRFを施術希望される方は、念のため施術前に歯科医師の相談を密にし、納得のいく治療を受けるようにしてください。...
フォトRFは痛い?
フォトRFは怖い? フォトRFは怖いのでは?フォトRFは痛い治療なのでは?そんな憶測が飛び交っています。フォトRF治療は、短周波のIPL光と高周波RFが補完しあいながら効果を発揮しますので、それぞれの周波エネルギーを挙げる必要もないため、従来のレーザー治療などに比べ格段にお肌にとって安全で優しい治療になっています。 施術中は"パチッ"というくらいの僅かな痛みは伴いますが、フォトRF機材の冷却機能も使用しながら進行しますので、問題にならないくらいの痛みです。もしそれでも気になるようでしたら、皮膚科に相談し、場合によっては麻酔をするなどの対処をしましょう。...
フォトRFの毛穴ケア効果
毛穴対策としての効果 フォトRFは低周波光のIPL光・APL光と肌の奥底まで到達する高周波RFが互いを補完しあいながら効果的な治療を行うため「毛穴ケア」にも当然効果があります。 毛穴トラブルの代表例は、「毛穴の黒ずみ」「毛穴の開き」ですが、いずれもお肌事態のターンオーバーの乱れや加齢が原因です。フォトRFはまず低周波光のIPL・APL光で表皮に残った無駄なメラニン色素等を浮き上がらせ正常なお肌のターンオーバーを蘇らせます。 さらに高周波RFにより、IPL光やAPL光では届きにくいお肌の奥底(真皮)のコラーゲンやエラスチン繊維を刺激しお肌本来のみずみずしさを取り戻し、はりのある引き締まったお肌を再現するのです。これらの相乗効果により、過度な皮脂分泌が抑えられ、毛穴も引き締められ、美しく白いお肌が取り戻せるのです。...
フォトRFのアンチエイジング効果
アンチエイジング効果も期待できる フォトRFはアンチエイジング(老化防止)効果も期待できます。これまでのレーザー治療や光治療では、お肌の奥底(真皮)部分までを刺激しコラーゲンを充分に再生する働きができませんでした。しかしフォトRFの登場で低周波光(IPL光・APL光)を補完する高周波RFが真皮部分のコラーゲンとエラスチン繊維を刺激し生成を促進させることに成功しました。 コラーゲンの再生でぷるぷるしたお肌が実現し、シワの原因とされるエラスチン繊維の減衰防止によって本来のはりのあるお肌を取り戻す事に成功したのです。もちろん老化を完全に止めてしまうことは不可能ですが、充分なアンチエイジング(老化防止)効果があると考えられます。...
フォトRFのニキビ跡(ニキビ痕)解消効果
フォトRFのにきび解消効果 フォトRFはニキビ跡(にきび痕)の解消にも効果を発揮します。原理は同じで、高周波RFにより従来のレーザー治療や光治療では届かなかったお肌の奥底(真皮)部分のコラーゲンやエラスチン繊維を刺激しお肌の再生を促します。コラーゲンが正常なターンオーバーをリードし出すと、それまで過剰に分泌されていた皮脂量が次第に減少し、にきび菌が生成されにくい環境へと変化します。 あとは正しい洗顔・洗浄スキンケアを継続し、適度な皮脂を保つように心がけたいところです。 フォトRFの不安 よくある質問でフォトRF治療は痛いのでは?フォトRFは怖いのでは?と言うことを良く耳にします。しかしながらフォトRF治療は、短周波のIPL光と高周波RFが補完しあいながら効果を発揮しますので、それぞれの周波エネルギーを挙げる必要もないため、従来のレーザー治療などに比べ格段にお肌にとって安全で優しい治療です。 施術中は"パチッ"というくらいの僅かな痛みは伴いますが、フォトRF機材の冷却機能も使用しながら進行しますので、問題にならないくらいの痛みです。どうしても気になるようでしたら、皮膚科に相談し、場合によ...

スポンサードリンク