レーザーフェイシャルで毛穴ケア

レーザーフェイシャルで毛穴ケア

レーザーフェイシャルは、顔の全面や一部にレーザー光を照射することで、肌のシミ、くすみ、あざ等を目立たなくさせ、肌のはりを取り戻し、毛穴の開きも改善するスキンケア治療です。安全な治療ですが、いくつかの注意点を踏まえて受けなければ望みどおりの効果が得られないことになりますので「レーザーフェイシャルで毛穴ケア」でしっかり知識を吸収し治療する皮膚科専門医に相談し納得した上で行う必要があるでしょう。

レーザーフェイシャルで毛穴ケア一覧

スポンサードリンク

レーザーフェイシャルとは
レーザーフェイシャルってどんな治療法? レーザーフェイシャルとは、顔の前面や一部にレーザー光を照射することで、肌のシミ、くすみ、あざ等を目立たなくさせ、肌のはりを取り戻し、毛穴の開きも改善するスキンケア治療です。 ロングパルスアレキサンドロイトレーザーという低出力のレーザーを顔に照射するのですが、レーザー照射直前に冷却ガスを吹き付けるので、肌(皮膚)表面にダメージを与えることはありません。 照射されたレーザーは肌の奥底部の真皮まで到達しコラーゲンの生成機能を促進します。コラーゲンの復活により肌のはり、キメの改善、毛穴の引き締めが誘発されます。レーザーは危険なイメージがありますが、レーザーフェイシャルは非常に安全な治療法です。...
レーザーフェイシャルの流れ
レーザーフェイシャル治療の手順 レーザーフェイシャルのレーザー光を顔に照射する直前には肌にダメージを与えないように冷却ガスを吹き付けます。照射されるレーザー光から目を守るためにアイマスクを着用し治療に備えます。治療時間は顔全体の場合で約30分。部分照射の場合、例えば毛細血管拡張症やあざは10分程度で終了します。 照射光は、肌基底層のメラニン細胞(シミやくすみ)だけを刺激し撃退します。刺激されたメラニン細胞(しみやくすみ)は1ヶ月程度で剥がれ落ち肌再生が進みます。 最後に必要に応じて肌患部をクーリングしレーザーフェイシャル治療を終了します。手順をまとめると以下のとおりです。 ▼レーザーフェイシャルの流れ 1.化粧を落とす 2.肌の診断、治療に耐えれるかの診察 3.レーザーフェイシャル照射 4.クーリング...
レーザーフェイシャルが出来ない方
レーザーフェイシャル治療が出来ない方は レーザーフェイシャル治療を施せない方は以下の方々です。 1.妊娠中、妊娠の可能性のある方 2.極度の日焼けをしている方(やけどの危険) 3.光アレルギーの方 4.心臓病、糖尿病などの重度の持病のある方 5.その他 治療時の体質や肌(皮膚)の調子・健康状態によってレーザーフェイシャル治療に絶えられるかどうかを決定します。受診する皮膚科(クリニック)側と充分に相談のうえ治療を受けてください。 ...
レーザーフェイシャルの効果
注目されるわけ レーザーフェイシャルは、レーザー光の照射により肌そのものを蘇らせ、基底層のしみやくすみを取り除きます。個人差もあり完全に除去する事は難しい場合もありますが、生まれつきのほくろやしみも除去できレーザーフェイシャルの効果に注目が集まってます。 レーザーフェイシャルで照射されたレーザー光は肌の新陳代謝を回復させ、肌基底層、真皮のコラーゲンを刺激し生成を促進します。瑞々しい肌の根源コラーゲンを蘇らせる事で、肌にはりが戻りしわを目立たなくさせます。肌本来のサイクルを取り戻す事で過度に分泌されていた皮脂も納まり、ニキビ解消、毛穴の開きの改善に効果が生まれます。レーザの照射は毛や産毛の脱毛を促進しますので毛穴の引き締めにも効果的です。レーザーフェイシャルの効果を簡単にまとめると以下のとおりです。 ▼レーザーフェイシャルの効果 1.お肌のはりを取り戻す 2.毛と産毛の脱毛を促進し毛穴ケア、肌ケアに効果的 3.しみ、くすみを改善する 4.その他、毛細血管拡張症を改善し赤ら顔改善にも効果的です...
レーザーフェイシャルの副作用と安全性
レーザーフェイシャル治療の安全性は レーザーフェイシャル治療はレーザー光を顔に照射するのでその安全性が気になるところです。レーザー治療ですので危険度ゼロと言えば嘘になりますが、注意事項を守り、正しい手順で治療を施せば問題ないといって良いでしょう。 レーザーフェイシャルの流れでも解説しましたが、治療直前には、肌診断を行いレーザーに耐えられるかどうかの判断を行います。さらにレーザー光照射直前には冷却ガスを顔に吹き付け肌へのダメージをシャットアウトします。特に日焼けし過ぎている人、肌荒れが完治していない人、にきび跡が目立つ人などはかえって肌トラブルの原因になりますのでレーザーフェイシャルを行うに当たっては注意が必要です。特別な理由がなければレーザーの照射は諦めたほうが良いと言えます。 レーザーフェイシャルを避けたほうが良い方は肌荒れの方だけではありません。妊娠中の方や妊娠の可能性のある方、光アレルギーの方、糖尿病などの重度の自暴をお持ちの方は治療を避けるのが得策です。...

スポンサードリンク