毛穴の開きや黒ずみを治療

毛穴の開きや黒ずみを治療

毛穴の開きや黒ずみは、日常の洗顔法を見直すことでその大部分が解決すると言っても過言ではありません。しかし、毛穴の黒ずみなどが慢性化していたり、皮脂の分泌が先天的に過剰な場合などは、短期に簡単にとはいかないのが現実です。「毛穴の開きや黒ずみを治療」では、それでも毛穴トラブルを解決したいあなたへ、皮膚科等で行う各種毛穴の治療について解説いたします。

毛穴の開きや黒ずみを治療一覧

スポンサードリンク

毛穴治療の必要性
毛穴の黒ずみは深い悩み 毛穴の開き、毛穴の黒ずみは、女性にとっては特に深刻な悩みです。その悩みの多くは鼻や小鼻の毛穴か頬(ほお)の毛穴だと思いますが、理想から程遠い荒れ果てた肌では精神衛生上も良くありません。 今では、美容医療のレベルも上がり毛穴治療が以前よりも比較的安価で受けられるようになりました。毛穴の黒ずみに長期に悩まされている方で、精神的に支障のある場合については短期で改善の見込める毛穴治療を選択肢のひとつとして考えても良いでしょう。しかし毛穴治療に依存した毛穴対策にだけにしないでください。毛穴治療は非常に即効性があるのですが、蘇った美しい肌を見てこの状態が永久に続くのではないかと勘違いする人さえいます。その考えは非常に危険です。 毛穴治療の前に 毛穴治療、いえ毛穴対策の基本は毎日の洗顔にあることを再認識することが重要です。そして生活習慣を改善し、睡眠を十分にとり、食事もビタミンC、ビタミンA、老化防止(アンチエイジング)効果の高いとされるビタミンEを多く含んだ食事を摂取するようにしましょう。また、お肌のしわやたるみを解消し、はりを取り戻すならば肌真皮層のコラーゲンの再生が重要...
毛穴の治療法
毛穴の治療法 毛穴の治療法は実にさまざまです。毛穴治療の領域を超え、美容整形の分野と関連する方法も一部含まれています。毛穴治療は治療箇所や部位、効果により分類され、治療対象者の肌状態によっても使い分けます。以下に毛穴治療の概要です。 ▼毛穴治療とその効果 1.ケミカルピーリング 毛穴の開きや黒ずみの原因である古い角質を剥ぎ取り肌(皮膚)の新陳代謝能力を引き出す治療法です。 2.イオン導入 肌に必要な成分を肌の真皮層まで届ける治療法です。コラーゲンの再生を促進し特にたるみによる毛穴の開きに効果的です。 3.レーザーフェイシャル 顔の前面や一部にレーザー光を照射することで、肌のシミ、くすみ、あざ等を目立たなくさせ、肌のはりを取り戻し、毛穴の開きも改善するスキンケア治療です。 4.IPL治療とフォトフェイシャル IPL治療・フォトフェイシャルとは、お肌のシミ、しわ、くすみ、そばかす、毛細血管拡張などの肌トラブルを光の照射によって解消する美容医学界最先端のスキンケア治療法です。コラーゲンを刺激したるみによる毛穴の開きにも効果的です。 5.フォトRF(オーロラ) 従来のレーザー治療や光治療(IP...
ケミカルピーリングで毛穴治療
ケミカルピーリングとは ケミカルピーリングとは、数種類の酸を肌(皮膚)の表面に塗布することで剥がれ落ちずに残っている古い角質を剥ぎ取とり、自らがもつ肌(皮膚)の新陳代謝能力を引き出し、シミやくすみで黒ずんでいた肌を蘇らせる治療法です。ケミカルピーリングは、皮脂分泌量が多く脂性肌が原因で毛穴の開きが目立ちはじめた方、いわゆるニキビ肌の方にも効果的です。 毛穴の開きは過度の皮脂分泌と古い角質が原因です。ケミカルピーリングによりこの両方が解消され、毛穴もキュッと引き締められ肌本来の美しさを取り戻します。 施術前のチェック 施術前にはチェックが必要です。ケミカルピーリングの薬剤濃度や治療時に使用する量、反対に施術される方の体調や肌の状態によっても効果と治療後の患部の状況が違うからです。 特にニキビや乾燥肌などによる極度な肌荒れがあり、まだ治癒していない場合はケミカルピーリングを避けるようにしましょう。肌(皮膚)が健康で、ケミカルピーリングの濃度と量が適してればケミカルピーリングは安全な治療法です。...
イオン導入で毛穴治療
イオン導入とは イオン導入(イオントフォレーシス)とは、肌に必要な成分を肌(皮膚)の奥底(真皮層)まで届ける治療法です。肌のはりを維持しシワやたるみを予防する肌に必要な成分イオン(ビタミンC誘導体など)が水に溶けるとマイナスの電極を持つようになる特徴を利用し、施術箇所にマイナスの微弱電流を流す事によるマイナス同士の電力の反発により肌の必要成分が肌のバリアゾーンを突き抜け、真皮層まで浸透させる効果があります。 微弱電流を流し電流の反発作用で必要成分を浸透させるイオン電流の効果は、肌表面に必要成分を塗布した場合に食らべ約100倍もの開きがあるとも言われます。 イオン導入による肌の新陳代謝向上とコラーゲンの生成は、肌のたるみ予防と改善に働きかけ毛穴の開き対策に効果的で基底層に蓄積するメラニンを分解・排出しシミや美白効果を引き出します。さらには過剰な皮脂の分泌をおさえ、肌を清潔に保ち、ニキビ予防に効果があります。...
レーザーフェイシャルで毛穴治療
レーザーフェイシャルとは レーザーフェイシャルとは、顔の前面や一部にレーザー光を照射することで、肌のシミ、くすみ、あざ等を目立たなくさせ、肌のはりを取り戻し、毛穴の開きも改善するスキンケア治療です。照射されたレーザーは肌の奥底部の真皮まで到達しコラーゲンの生成機能を促進します。コラーゲンの復活により肌のはり、キメの改善、毛穴の引き締めが誘発されます。レーザーは危険なイメージがありますが、レーザーフェイシャルは非常に安全な治療法なのです。 レーザーフェイシャルで毛穴治療 レーザーフェイシャル治療はレーザー光を顔に照射するのでその安全性が気になるところです。レーザー治療ですので危険度ゼロと言えば嘘になりますが、注意事項を守り、正しい手順で治療を施せば問題ないといって良いでしょう。治療直前には、肌診断を行いレーザーに耐えられるかどうかの判断を行います。さらにレーザー光照射直前には冷却ガスを顔に吹き付け肌へのダメージをシャットアウトします。特に日焼けし過ぎている人、肌荒れが完治していない人、にきび跡が目立つ人などはかえって肌トラブルの原因になりますのでレーザーフェイシャルを行うに当たっては注意...
IPL治療・フォトフェイシャルで毛穴治療
IPL治療とは IPL治療とは、IPL:Intense Pulsed Light というレーザー光よりも優しい光を顔面に照射することで肌の美しさを取り戻す、美容医学界でも最先端の美容治療です。フォトフェイシャルとも言います。 IPL治療(フォトフェイシャル)で照射される光は、肌トラブルの原因となるターゲットに直接働き攻撃します。光が照射された患部ではしみやそばかすと言ったメラニン色素が一時的に黒ずみ、場合によってはかさぶたが出来ますが直ぐに剥がれ落ちますし気にする程度ではありません。 やわらかいIPL光がターゲットに働きかける カメラのフラッシュ程度のやわらかいIPL光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)のみに働きますからターゲット周辺の肌にも影響を与えずほとんど副作用の無い治療法と言って良いでしょう。 光を照射する際にパチッっという僅かな刺激はありますが、それほど痛いものではありません。どうしても無痛が良いというのであれば皮膚科によって麻酔を実施していますのでお願いしてみると良いでしょう。治療期間中は日焼けをしないこと。お肌の保湿を充分に行う事などいくつかの...
フォトRF(オーロラ)で毛穴治療
フォトRF(オーロラ)とは フォトRF(オーロラ)は、フォトフェイシャル機器を発案・開発したアメリカ(米国)のパトリック・ビター博士が開発した美肌効果の高い美容機器です。このフォトRF(オーロラ)を使いお肌の表面に目立つしみやくすみといったメラニン色素や、肌の奥底(真皮)のコラーゲンの衰減の影響によるシワやたるみといったお肌の悩みを解決する最新治療です。 短周波と高周波のコラボレーション お肌の表面に沈着するメラニン色素(しみ、くすみ、そばかす)や毛細血管拡大の影響による赤ら顔を短周波光のフォト(APL:アドバンスト・パルス・ライト)とそれを補完する形で高周波RFで治療します。さらに高周波RFが短周波光のAPLでは届かないお肌の奥底(真皮)のコラーゲンやエラスチン繊維の生成を促進し肌(皮膚)のシワやたるみを解消し毛穴の開きも改善するのです。 体調が悪い場合を除きフォトRFには副作用はありません。施術語若干の赤みが出たり、かさぶたが目立ったりと症状として現れる場合がありますが一時的なものですぐにおさまります。...
圧出・芯出しで毛穴治療
圧出・芯出しとは 圧出・芯だしとは、にきびの頂点にレーザーでひとつひとつ穴を明け、にきびの芯であるコメドを押し出すスキンケア(治療法)のことです。一般的ににきびに穴をあけると良くないと言われていますが、この圧出はケミカルピーリング後に施術することがほとんどで、ケミカルピーリング後であれば肌(皮膚)もあたためられ柔らかい為、レーザーがにきびの芯に効果的に働きます。 レーザー熱によって毛穴内のにきび菌にダメージを与え酸素を嫌うにきび菌は次第に弱り始めます。さらに毛穴奥からにきびの芯「コメド」が出やすくなり、にきび跡などの後遺症による毛穴の開きを誘発せずに、しかも短期間に治癒できます。 圧出・芯だしのメリットは短期間で元から絶つということでしょう。この効果は施術前のケミカルピーリング治療との併用で最大限に発揮されます。...
トレチノイン治療で毛穴治療
トレチノイン治療とは トレチノイン治療とは、ビタミンA誘導体であるトレチノイン(オールトランスレチノイン酸、レチノイン酸)という塗り薬をお肌に塗布することで、肌のターンオーバーを促進し美肌効果、若返り・アンチエイジング(老化防止)効果のある治療法です。弾力を取り戻すだけでなく、表皮の基底層に沈着したしみ(メラニン色素)をどんどん浮き上がらせ、ついには剥がしてしまいます。お肌のシミだけでなく、ターンオーバーを促進し皮脂の分泌を抑制する効果がありますので、ニキビやニキビ痕治療にも効果ありますし、シワの解消にも効果を発揮し、たるみによる毛穴の開きや黒ずみも解消します。 トレチノインは米国のFDAにも認可されている外用薬です。そういう意味でもトレチノイン治療は副作用の少ない非常に安全なスキンケアですが、注意点がないわけではありません。治療中の日焼け、妊娠中の方は治療を避けるようにし、治療中、治療後の保湿を十分に行うよう注意しなければなりません。...
プラセンタ注射で毛穴治療
プラセンタ注射とは プラセンタ注射とは、人の胎盤から抽出したプラセンタエキスを体内に注入する美肌治療です。中国では古くからプラセンタ治療が行われており、秦の時代には不老長寿の薬として重宝されたという文献も残っているくらいです。プラセンタ(胎盤)には生命を育むために必要な栄養素(たんぱく質、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなど)を豊富に含んでいるため、このプラセンタエキスを注射することで、肌に生命力を呼び戻し、美肌、美白、抗アレルギー効果、アンチエイジング(老化防止)効果をはじめ、多くの体質改善効果が見込めるのです。 日本にプラセンタ治療が導入されてから既に50年ほどが経過しており厚生労働省にも認可されている安全な治療法です。もともとは、体質改善、肝機能の改善、疲労回復、更年期障害の治療に活用していましたが、患者の声から美容・美肌としてのプラセンタ注射を再認識するようになりました。プラセンタにより毛穴はもとより肌そのものが蘇りますので、当然毛穴が開きにくい肌質へと改善されていきます。...
ヒアルロン酸注入(注射)で毛穴治療
ヒアルロン酸注入とは ヒアルロン酸注入とは、美肌効果のあるヒアルロン酸を老化(加齢)で目立つようになってきた口元のシワや肌のターンオーバーの乱れにより目立ってきた毛穴の毛穴の開きやニキビ痕の跡(クレーター)を目立たなく改善する美容治療です。極細針の注射器に適量のヒアルロン酸を注ぎ、マーキング(デザイン)に従ってシワ(溝)等の幹部に注射・注入します。 もともとは、関節等の治療に使用されていましたが、ヒルアロン酸の注入箇所や注入量、注入技術(方法)によっては、鼻筋、顎(あご)等のフェイスラインを整えられる整形法としての可能性を見出し、最近ではプチ整形として広く認められるようになりました。ヒアルロン酸が注入されることではりのある瑞々しい肌へと再生されますのでもちろん毛穴の開きにくい肌環境をあっという間に作り上げてしまうところがヒアルロン酸注入治療の最大のメリットでしょう。 ...

スポンサードリンク