毛穴の働きと構造

毛穴の働きと構造

毛穴の構造とその働きを理解することは、毛穴ケアの第一歩です。なぜ毛穴が開くのか?なぜ毛穴の黒ずみが目だって醜いのか?それは全てあなたの無理のある生活環境やストレスなどを毛穴が危険信号として発信しているからなのです。「毛穴の働きと構造」でしっかり毛穴の仕組みを理解し、正しい毛穴対策を心がけましょう。

毛穴の働きと構造一覧

スポンサードリンク

毛穴の種類
毛穴の種類 毛穴には大きく3種類に分類されます。主に産毛が生える軟毛性毛包、髪の毛や髭(ひげ)が生える終毛性毛包、産毛も生えるが主に皮脂をつくる役目がある脂腺性毛包の3種類です。 毛穴の黒ずみや開きなどのトラブルの対象になるのが最後の脂腺性毛包で、脂腺性毛包から分泌された皮脂と毛穴付近に残された古い角質が混ざり合って角栓を生成するのです。つまり毛穴のトラブルを解消すにはこの脂腺性毛包の攻略が欠かせないという訳です。...
毛穴を清潔に保つには
毛穴のトラブル予防 毛穴の黒ずみや毛穴の開き、にきびや肌荒れのなどの毛穴のトラブル対策は毛穴を常に清潔に保つ事が最重要課題です。 毛穴の黒ずみは、皮脂分泌量の多い脂腺性毛包に角栓がつまり、つまった角栓が酸化することによって黒ずみを生成しますので、まず毛穴に角栓をつくらないこと、もし角栓が出来てしまったならば適切な洗顔と角栓の押し出しにより毛穴ケアを継続して行う事が大切に鳴ります。それでも間に合わない場合は、毛穴専門のレーザー治療を受けてみると言うのも選択肢のひとつです。安全性は確認されていますが、治療前は医師から充分に説明を受けてください。...
毛穴の構造
毛穴の機能・役割 毛穴は身体を外的刺激から守る皮膚の表皮部分に無数に存在します。顔は中でも毛穴が最も集中する部位で約20万箇所とも言われます。毛穴から排出される汗と共に身体から不要な成分や物質が洗い流され、放っておくとさび付いてしまうところをうまくコントロールする役割を担っています。つまりこの毛穴が様々な要因で詰まってしまうと、毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、皮脂過剰分泌によるにきびの大量生成に結びつきトラブルが拡大していくのです。毛穴の正しいスキンケアを学習すると同時に毛穴の構造についても抑えておきましょう。 ▼毛穴の構造 (図)...
毛穴の働きと役目
毛穴の役割 毛穴からは汗を輩出し、あらゆる外的環境の変化に対応する役割を担います。夏場、気温が上昇すると体温を低下させるために、汗をかき身体を冷却しますし、気温が下がれば毛穴を閉じます。また汗には、体内に不要な成分が含まれており、解毒的作用(デトックス効果)があり、常にフレッシュな体質を維持するようにプログラムされているその重要な役割をアシストしています。 なぜ肌トラブルを誘発するのか さらに汗には皮脂も含まれています。通常であれば適量の皮脂が身体表面(表皮)をパック(天然パック)し外的刺激から守り肌の保湿力を維持する役割を担うのですが、生活環境、食生活の乱れから過剰な量の皮脂が分泌され表皮を多い、にきびや毛穴の開き、黒ずみ等様々な肌トラブルを誘発する原因となるケースが増えています。毛穴は体内の解毒作用(デトックス効果)を促す重要部位です。日常のスキンケアの重要性を再認識し、汗のかきやすい...
毛穴の開きはどこが目立ちやすいの?
毛穴の開き・黒ずみが目立つ箇所 毛穴の開きや黒ずみは、皮脂の多い毛穴が多く集中する部位で起こります。顔では、オデコ(額)から鼻筋にかけてのTゾーン、あるいは、頬(ほお)や顎(あご)にかけてのUゾーン。身体では、胸の中央、背中で毛穴が開きやすい傾向にあるのです。 皮脂分泌、汗排出量の多い部位を認識したならば、当該部位とその周辺とのスキンケア法の違いにも気づく必要があります。もうお分かりだと思いますが、皮脂分泌量の多い部位はしっかりと洗浄し汚れをしっかり落とさないといけないのに対し、それほど皮脂分泌量の多くない部位では洗いすぎは返って乾燥肌を誘発し余計な悩みの種を生む原因にもなります。正しいスキンケアを見につけ効率の良い、肌ケア、毛穴ケアを身につけましょう。...

スポンサードリンク