ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニングのデメリット

器具通常、歯医者でよく行われるのがオフィスホワイトニング。高濃度の薬液を使用し、場合によってはレーザーを用いてホワイトニングする方法です。この方法は短期間でホワイトニングができるというメリットもありますが、デメリットは短期間で色が後戻りしやすいということです。まや、必ずしも1回で希望の歯の色にならないという点もデメリットです。1度で希望のホワイトニングができなかった場合は数回通院しなければなりません。また、真っ白の歯を希望するのであればオフィスホワイトニングでは無理なケースもあります。白さには限界があるという点もオフィスホワイトニングのデメリットです。

治療費が高いホワイトニング

お金ホワイトニングの中でラミネートベニアやクラウンといった方法は、真っ白な歯になれるという反面、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。ホワイトニングのためとはいえ、健康な歯を少しの量ですが削るというのは、もったいない気もしますね。また、歯の表面につけるセラミックのシェルは薄く割れやすいというデメリットがあります。このデメリットのため、強い力がかかる部位にはできない、ということになります。この方法を使用できるのは、主に前歯だけとされています。さらに歯の形を変えることはできますが、歯の方向を変えることはできません。この方法の1番のデメリットは治療費が高いということです。

歯の健康に影響はある?

唇ホワイトニングの方法にウォーキングブリーチという方法があります。歯の神経を取った後に歯の中に薬を入れて変色した歯を白くする方法です。歯の中にホワイトニング剤を入れて、フタをし数週間置いて歯が白くなったら薬を除去してフタをするという、歯の内部から白くしていく方法です。歯の中にガスがたまって歯が割れやすくなるというデメリットがあります。また、歯に穴を開けなければならないというデメリットも。このホワイトニングの方法は治療に手間がかかるということで、現在行っている歯医者は多くないようです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.