ホワイトニング|歯が白くなるメカニズム

ホワイトニング|歯が白くなるメカニズム

歯が白くなる2つのメカニズム

クリームホワイトニングは薬剤を用いて歯の表面を白く見えるように変化させる、というものです。そのメカニズムとして現在では2つのことが解明されています。一つは、ホワイトニング剤を使用して歯の表面の着色物を白く漂白させるというメカニズム。もう一つはホワイトニング剤を使用して歯の表面構造を変化させる、というメカニズムです。ホワイトニング剤というのは過酸化水素や過酸化尿素を主成分とした薬剤です。この薬剤を塗布することで、歯の表面の着色物を無色透明に分解し、さらに歯の表面の組織構造を曇りガラスのように変化させることで、歯が白く見えるのです。

歯が白くなるには過酸化水素が必要

光なぜ過酸化水素水で歯が白くなるのでしょうか?ホワイトニングの際の過酸化水素水による漂白のメカニズムについて説明します。過酸化水素水は分解する際にフリーラジカルが圧制し、歯の着色有機質に含まれる二重結合部分を切断します。この作用により、着色有機質は分子が小さくなり、無色透明に変わっていきます。色素を分解された歯は白くなります。これが歯が白くなるメカニズムです。オフィスホワイトニングでは、さらにこの反応を促進して歯を白くするために、光やレーザーなどを照射し、ホワイトニング剤を活性化させます。

エナメル質の変化で歯が白くなる?

歯過酸化水素や過酸化尿素を主成分としたホワイトニング剤によってエナメル質の色素が無色透明になっただけでは、歯が白くなること、歯が白く見えることはありません。エナメル質の下にある象牙質は黄色みがかっているため、それが透けて見えてしまうからです。ホワイトニングで歯が白くなるメカニズムは、エナメル質の表面に加工が施され、それにより歯が白くなるわけですが、その働きをするのがホワイトニング剤から発生する活性酸素です、ホワイトニング剤から発生した活性酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱を球に変化させます。球状になったエナメル子柱の表面では光が乱反射して、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができると言われ、このメカニズムで歯が白くなるのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.