ハイブリットクラウン治療とは

ハイブリットクラウン治療とは

ハイブリットクラウンとは、保険治療で前歯クラウンに認められてきた硬質レジン(固いプラスティック)にセラミックファイバーを混合した治療法です。

硬質レジン(固いプラスティック)にセラミックファイバーを混合させることで、硬質レジンの耐磨耗性を増強させ、固さを人間の自然はレベルに近づける事ができます。

しかも保険治療が認められた硬質レジンを使用しますので、セラミッククラウン治療に比較し費用を安価に抑えることが可能になります。

ただし、ハイブリットクラウンは、自然歯レベルに近いため、変色しやすいとのが欠点にはなりますが、料金を抑えられるという魅力があります。

ちなみに、ハイブリットクラウン治療は、治療対象の歯をクラウン(冠:かんむり)で覆うクラウン治療の一種で、このクラウン治療にはほかにセラミッククラウン治療やスーパーセラミッククラウン治療があります。

どのような歯の治療に適している?

セラミッククラウン治療は、遺伝や薬剤(抗生物質)による先天的要因により歯が変色してしまいホワイトニング治療で対応できない場合、あるいはラミネートベニア法で治療するには、土台になる歯の表面のエナメル質が少なく柔らかい部分が露出している場合などに採用される治療法です。

歯の冠を制作し、治療箇所(歯)に被せるので、歯の形、色、大きさは希望どおりになりいます。限りなく自然な色を出せますので目立つ事もありませんので患者の満足度は非常に高いと言えます。

具体的には、歯の表面を少し削り、そこにセラミックス(陶)の歯を装着させる手順で行いますから、変色した歯に特に効果を発揮するのです。

セラミッククラウン治療のデメリットとしては、冠を被せる治療法ですので、ラミネートベニア法などと違い、削る歯の量は多くなることが上げられます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.