高カラットメタルボンドセラミッククラウン

高カラットメタルボンドセラミッククラウン

高カラットメタルボンドセラミッククラウンは、一般的なメタルボンドセラミッククラウンに比較しセラミックとの接着力に優れ強度が高いのが特徴です。金属も溶けにくいので生体との親和性があります。

色も透明感のある自然色に近いので、治療後の満足度は高いと言えるでしょう。(詳しくは歯科医院でご確認ください。)

ちなみに、セラミッククラウン治療は、治療対象の歯をクラウン(冠:かんむり)で覆うクラウン治療の一種で、このクラウン治療にはほかにセラミッククラウン治療やスーパーセラミッククラウン治療があります。

セラミッククラウン治療を採用するケース

一般的にセラミッククラウン治療は、遺伝や薬剤(抗生物質)による先天的要因により歯が変色してしまいホワイトニング治療で対応できない場合、あるいはラミネートベニア法で治療するには、土台になる歯の表面のエナメル質が少なく柔らかい部分が露出している場合などに採用される治療法です。

歯の冠を制作し、治療箇所(歯)に被せるので、歯の形、色、大きさは希望どおりになりいます。限りなく自然な色を出せますので目立つ事もありませんので患者の満足度は非常に高いと言えます。

具体的には、歯の表面を少し削り、そこにセラミックス(陶)の歯を装着させる手順で行いますから、変色した歯に特に効果を発揮するのです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.