ラミネートベニアの治療方法

ラミネートベニアの治療方法

ラミネートベニア法の治療手順を見ていきましょう。

  1. 歯を削る
  2. ラミネートベニアをつくる
  3. ラミネートベニアを歯に接着させる

まず歯を削ります。ラミネートベニアを接着させる約0.5mm程度の厚さを削ります。僅か0.5mm程度の厚さですので歯表面のエナメル質は残ります。

次にラミネートベニアを制作します。ラミネートベニアは歯型の模型を元に歯科技工士の手によって精密に作られます。歯の色、形、厚みをバランス良く作る必要があるので高度な技術が必要です。

最後にラミネートベニアを歯の表面に接着させます。強力な接着剤を使用しますので一度しっかり接着すれば10年はもつと言われます。よほどの酷使でなければ問題ありません。

何回くらい通院する必要がある?

ラミネートベニアの治療時間や通院回数は、治療の箇所、本数など状況に応じて様々ですが、例えば6本のラミネートベニア治療を行う場合、2〜4回治療を行う事が一般的です。

1回の治療に要する時間は約2時間程度と考えてください。

最大8時間と治療時間がかなり長いように感じますが、治療後は10年もちますので、後の手入れにかる手間や管理を考えると非常に楽だと言えます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.