ホワイトニングとタッチアップ

ホワイトニングとタッチアップ

タッチアップとは、アフターケアの事です。髪をきると伸びてきてまた切りそろえ、染め直しを行うように歯のホワイトニングもある一定の時期を経過すると色落ちが目立ちはじめますので、早めのアフターケア(タッチアップ)が必要になるというわけです。

時間をかけて行うホームホワイトニングでは約1〜2年白い歯を維持できますが、一気に行うオフィスホワイトングでは、約3〜6ヶ月で色落ちしはじめますので、タッチアップが必要になるのです。

料金(費用)について

料金は最初にホワイトニングをするときほどかからず格安でできますが、何度も行うとそれなりに費用がかかります。そういう時におすすめなのが、デュアルホワイトニングで最初にオフィスホワイトニングで一気に色くし、白い歯を長期間維持させるために自宅でのホームホワイトニングを併用する手法です。

しかし、基本的かつ最も効果の高いアフターケアを多くの方は忘れています。それはホワイトニングで手に入れた白い歯を持続させるために歯に付着しやすい着色料が含まれた飲食物をなるべく口にしないことです。非常に基本的なことですよね。

例えば、コーラやコーヒー、紅茶の類は特に歯の表面に色素が付着しやすく、歯の表面の変色を促進すると言われます。

歯の表面だけの汚れであればクリーニングで洗い落とせますが、頑固なものであれば再びホワイトニング治療を行う必要があります。完全に排除することは困難ですが、頭の片隅に置いておくだけでも効果があるでしょう。

審美歯科医院で行うオフィスホワイトニングですら、一度行っただけで永久に白い歯を持続できる訳ではありません。

洗剤を使い漂白された白いシャツが再び黄ばんでくるのと同じで過酸化水素濃度の高いホワイトニング剤を使用したオフィスホワイトニングを行ったとしてもある一定の期間が経てばホワイトニング効果は次第に薄れ色落ちが目立ちはじめます。

自宅で行うホワイトニングとの併用(デュアルホワイトニング)と、できれば定期的なクリーニング治療を行えばより持続しますので、より効果を求めるならば検討してみても良いでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.