美しい歯と歯茎

美しい歯と歯茎

ホワイトニング治療などで美しく白い歯を手に入れると同時に気になるのが、歯茎の変色です。あなたは違うかもしれませんが、歯茎の変色が目立って悩んでいる方も少なくありません。

歯茎の変色の原因と対策

歯茎の変色の原因は、日焼け、喫煙、金冠などが考えられます。

治療は、フェノール・アルコール法で行います。フェノールとアルコールを歯茎に幾度も塗布しますが、一週間ほどすると歯茎の上皮がはがれ、徐々に変色した歯茎の色が元のピンク色になり徐々に美しい色を取り戻しはじめます。

日焼けによる歯茎の変色というのは意外に聞きなれないことかもしれませんが、歯茎も皮膚と同じですから、日焼けによりメラニン色素がたまり変色しやすくなります。この場合もフェノール・アルコール法で治療することになります。

もし、あなたの理想の歯、美しい歯、理想の歯茎の色を手に入れるには信頼できる歯科医院、歯科医師を見つけることがとても大切になります。

いつも通院している歯科医院が審美歯科を行わない、行えるだけの技術がないのであれば、当然審美歯科を行える歯科医院に変更する必要があるわけです。

治療する側と治療を受ける側のイメージがあっていなければ理想の歯や歯茎は手に入りません。医院の選定は納得するまで時間をかけて行いましょう。

もちろん、歯や口元を美しくする審美歯科の危険性についてしっかり説明を受ける事もお薦めします。この事をインフォームドコンセプトと言いますが、説明義務を怠るような歯科医院は避けるべきと言えます。

また、基本的なことなのですが、ホワイトニングで手に入れた白い歯や歯茎を持続させるには歯や歯茎に付着しやすい着色料が含まれた飲食物をなるべく口にしないことです。

例えば、コーラやコーヒー、紅茶の類の飲食物は、歯の表面だけの汚れであればクリーニングで洗い落とせますが、頑固なものであれば再びホワイトニング治療を行う必要が出てきます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.