ホワイトニングのはじまり

ホワイトニングのはじまり

ホワイトニングはあるアメリカ人によって開発されました。

歯を白くすることを目的にホワイトニング治療を研究していたのではなく、あるひとしたことからホワイトニング剤の基材である過酸化水素が歯を白くするのに効果的であるということに気づいたのです。

ある時、矯正中だった患者さんが矯正器具を歯に装着していると歯磨きの磨き残しが生まれるため虫歯になりやすいとの要望になんとかこたえる事ができないかとの思い出使用されたのが過酸化水素でした。

結果、矯正患者の歯は白くなったという症例があちらこちらで聞こえ始め、歯を白く清潔に保つにはこの過酸化水素はすばらしい効果を発揮するのではと考えられるようになったのです。これがホワイトニングのはじまりです。

アメリカ生まれのホワイトニングですが、ホワイトニング剤が日本でも解禁になり白い歯を手に入れるという日本人の価値感が徐々にですが変わり始めています。

ホワイトニングをやるメリット

ホワイトニングの最大のメリットは、まさに白い歯を手に入れられることです。歯が変色しているために、どことなく自分に自信がもてない人、歯を見せて思いっきり笑う事が出来ない人にとっては明るい自分を手に入れる良い機会になるでしょう。

では、ホワイトニングはこれまでの歯の治療に比べどういった点が優れているのでしょうか。具体的には以下の5点と言われています。

  1. 歯を削ることなく施術可能
  2. 色調や明度が調節可能
  3. 長期にわたり器具を装着するわけではないので2次的な虫歯になったりしない
  4. 短時間で、何度も施術可能
  5. 瀬戸物の差し歯などに比べ経済的

これらホワイトニングのメリットが多数存在する一方で、ホワイトニング治療を行うリスクやデメリットというのも念のために抑えておかなければなりません。メリットばかりがもてはやされる昨今ですが、自分のリスクヘッジは責任もって行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.