マウスピースの使用上の注意点

マウスピースの使用上の注意点

知覚過敏を避けるマウスピースの使用方法

イメージマウスピースを使用するホームホワイトニングの際、マウスピースの使用上の注意点としてあげておきたいのは、ホワイトニングジェルの使い方です。ホームホワイトニングを行う時、歯にしみる、痛みがあるなどの症状が出る場合があります。このような症状を知覚過敏と言いますが、マウスピースにつけるホワイトニングジェルが装着時にマウスピースからはみ出してしまうと、こういった症状が現れることがあるので、使用上の注意点として覚えておきましょう。ジェルの量は個人差がありますので、マウスピースにつけるジェルの量は少量でいいようです。それでもしみるなどの症状が出る場合は、マウスピースの装着時間を調節したり、毎日ではなく2〜3日おきにすることをお勧めします。

マウスピースの取り扱いの注意点

歯磨き中の女性マウスピースを使用する前には口の中は生活にしておきましょう。その後、ホワイトングジェルをつけたマウスピースを装着しますが、使用上の注意点としては、あまり強く押し付けないこと、はみ出したジェルをティッシュや歯ブラシなどで歯茎から取り除くことが注意点です。余分なジェルは知覚過敏の原因になります。ホワイトニングが終わった後は、マウスピースをキレイに洗います。面倒がらずにその都度キレイに洗いましょう。清潔に保つことが注意点です。また、洗う時は水やぬるま湯で洗うこと。熱いお湯で洗わないことも注意点になります。使用していない時はケースに入れて保管しておきましょう。

効果を下げないための注意点

薬品使用上の注意としてマウスピースを使用している際には、飲食や喫煙はしないことはとても重要な注意点です。熱でマウスピースが変形してしまう可能性があることと、ホワイトニング中は着色しやすい状態にあるので、注意が必要です。ホワイトニングが終わった後1時間はコーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲み物やカレー、キムチなどの色の濃いものは避けましょう。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも薬剤の濃度が低いため、効果が出るのに時間がかかると言われています。しかし、その分、色の戻りもしにくいと言われている方法です。使用上の注意点を踏まえながら、根気よく行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.