無カタラーゼ症と歯のホワイトニング

無カタラーゼ症と歯のホワイトニング

無カタラーゼ症は絶対的禁忌

男性無カタラーゼ症と診断された場合、歯のホワイトニングはできません。薬にアレルギーのない、健康な場合は過酸化水素を分解する酵素を備えているのでホワイトニング剤を飲み込んでしまってもそれほど問題はないのですが、薬剤に含まれる物質を分解することができない無カタラーゼ症は、歯のホワイトニングは危険です。歯のホワイトニングの薬剤を飲み込んでしまった場合、無カタラーゼ症は分解できない成分が体内に蓄積されてしまいます。過酸化水素が分解されないと、進行性口腔壊死などの危険な疾患を招くことがあります。無カタラーゼ症の場合、歯のホワイトニングは絶対的禁忌とされています。

無カタラーゼ症の治療方法は?

治療無カタラーゼ症の診断方法は、オキシドールを傷口に塗り、白い泡が立たない場合は無カタラーゼ症の疑いが強いとされています。無カタラーゼ症と診断された場合、ホワイトニングの薬剤が有害物質として体内に蓄積されるので、歯のホワイトニングができず、また、治療は不可能とされています。このように薬剤が体に対して悪影響を及ぼす場合、歯のホワイトニングができないことがあります。歯のホワイトニング剤や機器にアレルギーを起こす場合も、歯のホワイトニングはできません。ただし、アレルギーの原因物質を使用せずに治療できることもあるので、歯科医とよく相談しましょう。

ホワイトニング剤が影響を及ぼす疾患

歯型無カタラーゼ症のように、ホワイトニングの薬剤が原因で歯のホワイトニングができないケースは他にもあります。エナメル質形成不全症や象牙質形成不全症がそうです。これらの疾患は歯が育成する過程において障害が起こり、一部が未完成のままの状態です。不全症の場合、深部の神経組織まで薬剤が浸透しやすいため、ホワイトングの薬剤の刺激で、神経がダメージを受けることがあるのです。もし、そのようなダメージを回避して歯のホワイトニングを行っても、歯の形が不完全なので、美しい歯、というわけにはいきませんね。この場合は自分の歯ではなく、ラミネートベニアなど人工的な方法で対応することが多いです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.