神経が死んでいる歯はできない?

神経が死んでいる歯はできない?

神経が死んでいる歯の場合は、ホワイトニング効果が薄いといえます。ホワイトニングは、あくまで生きている天然の歯に対して有効なのです。

もし神経が死んでいる歯を白くするには、ウォーキングブリーチという手法を使います。

ウォーキングブリーチは、歯の裏に穴をあけ、そこにホワイトニング剤を流し込むという方法です。

ウォーキングブリーチ法は確実に白くなりますが、神経の無い脆い歯に施術するので、ガスなどがたまり易く場合によっては破折の原因になったりますので注意が必要です。

ホワイトニングを避けたほうが良いケース

他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。

○ 重度の変色歯の場合

黄ばみなどの色の程度をはるかに超える色。例えば、青みがかったダーググレー、ダークブラウン系の色をしている場合はホワイトニング効果は薄いと思われます。

○ 歯が人工の場合

歯が金属、プラスチックなどの人工歯の場合はホワイトニング効果は望めません。ホワイトニングは基本的に神経がまだ残っている歯に効果があるようになっています。

○ 虫歯が残っている場合

虫歯が残っている状態でホワイトニング剤を塗ると虫歯や歯周病患部に染みたり、ますます症状を悪化させる原因にもなりますので、ホワイトニングをするのであれば患部を治療した上で望むことをおすすめします。

○ 歯に亀裂が入っている場合

虫歯同様、歯に亀裂が入っている状態でホワイトニング剤を塗ると亀裂箇所を強烈に刺激し、歯を破損される直接原因となりかねません。このような場合はホワイトニングは慎重になったほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.