歯に亀裂があるとホワイトニングできない?

歯に亀裂があるとホワイトニングできない?

痛みの原因になる歯の亀裂

男性の歯歯に亀裂があってもホワイトニングができない、というわけではありません。しかし、注意しなければならいのは、歯に亀裂があるままホワイトニングをすると、知覚過敏を起こすことがあります。これはホワイトニング剤に使用されている過酸化水素による一過性の歯の脱水症状が原因で生じるもので、一時的な痛みと言われています。しかし、痛みの程度は個人差がありますので、歯に亀裂がある場合はホワイトングをしない、という歯科医もあります。また、歯に亀裂がある人がホワイトニングをすると、ホワイトニング剤が亀裂部分からしみこんで、歯牙破折になる可能性もあると言われています。

歯の亀裂は治療が必要

器具歯に亀裂がある人は原則として治療をしてからホワイトニングをします。歯の亀裂の原因は、歯の治療後、被せ物をしなかったり、かみ合わせの力が強かったり、加齢が原因で歯に亀裂が生じます。自分でも気づかないうちに歯に亀裂が生じている場合もありますので、ホワイトングをすえる際にはしっかりと診察してもらいましょう。ホワイトニングをしない場合でも歯の亀裂を放置しておくと、象牙質が破損し、空気や食べ物が触れるたびに痛むことがあります。こうなってしまうとホワイトニングにおいても、痛みが生じます。ホワイトニングをする前に、歯の亀裂はしっかりと治療しておくことが大切です。

こんな場合もホワイトニングはお勧めしない

病院歯の亀裂をはじめ、虫歯や知覚過敏などの歯に疾患がある場合はまずは治療をしてからホワイトニングをしましょう。無カタラーゼ症やエナメル質形成不全、象牙質形成不全、また妊娠中の人や授乳中の人もホワイトニングはお勧めできません。また、差し歯や白い詰め物などのセラミック、プラスチック、金属などの人工の歯、変色が濃い歯はホワイトニングをしても効果はほとんどないと言われています。ホワイトニングをする際には、自分の歯がどの方法が一番適切か、を考えて行いましょう。そのためには、カウンセリングをしっかりしてくれる歯科医院を選ぶことが大切です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.