ホワイトニングでも白くならない歯とは

ホワイトニングでも白くならない歯とは

歯の色が濃いと白くならない?

男性の歯歯の色が濃いとホワイトニングでは白くならない可能性も高いです。灰色や濃い茶色の歯はホワイトニングで白くなりにくいと言われています。幼少の頃、テトラサイクリンという抗生剤を服用したために、歯に色が濃くついてしまうことがあるのですが、この場合もホワイトニングでは白くなるのは難しいとされています。テトラサイクリンとは抗生物質の一つで、歯の象牙質や骨に沈着するという性質があります。着色した歯は紫外線によって濃くなるので、前歯などの色が目立つのです。また、神経をとってしまった歯は色が濃くなっていきます。こういった歯も通常のホワイトニングでは白くならないと言われている歯です。歯は加齢とともに黄色くなっていきますが、加齢によって変色した歯にはホワイトニングでかなり白くなると言われています。

人工の歯は白くならない?

入れ歯ホワイトニングは自分の歯であることが必要です。入れ歯や差し歯、セラミックの歯などの人工の歯を白くならないとされています。インレーと呼ばれる詰め物やクラウンが変色してしまう場合もあり、これを白くしたいと思ってもホワイトニングでは白くならない歯です。このような歯を白くするには、クラウンやラミネートベニアなどの歯を削ったり、被せ物をしたり、歯自体を取り替えることで歯を白くします。

治療中の歯を白くすることは可能?

治療中虫歯や歯にひび割れがある場合は、ホワイトニングを行う前にそれらの治療を行ってからホワイトニングをします。歯周病がある場合も同様です。知覚過敏などもそうですが、虫歯や歯周病、大きなひびなどがある歯はホワイトニングによって痛みが出ることがあります。虫歯も悪化する場合があるようです。ホワイトニングのカウンセリングでよく診察してもらいましょう。また、歯ぎしりなどによってすり減ってしまっている歯は薬を塗ることができないので、ホワイトニングも難しくなります。歯ぎしり自体にもホワイトニングを行う際には注意する必要が出てくるので、歯科医とよく相談して適切な方法を選びましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.