ホワイトニング剤の安全性について

ホワイトニング剤の安全性について

ホワイトニング剤で歯がもろくなる?

ジェルホワイトング剤の主成分は過酸化水素です。過酸化水素は厚生労働省でホワイトニング剤として認可されているもので、安全性が認められています。過酸化水素はオキシドールとして使用されていたり、食品添加物にも使用されているものですから、安全性は確認されているもの。また、ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素を発生する過酸化尿素は、歯茎の治療薬としても使用されているもので、歯肉炎にも効果があると言われているものです。各学会でもホワイトニングの安全性に関する研究・発表は頻繁に行われていて、ホワイトニング剤の安全性についても認められています。ホワイトニング剤に使用される過酸化水素は歯をもろくしたり、エナメル質を溶かしたりすることがないと実証されていて、安全性は認識されています。

ホワイトニング剤で知覚過敏になる?

歯安全性は認められているホワイトニング剤ですが、ホームホワイトニングなどでしみたりする、知覚過敏を感じるという声もあります。これはホワイトニング剤の使用量や使用方法などを調整することで、ほとんど解決することができますが、歯茎が薄い場合やエナメル質が薄いという場合には知覚過敏を感じやすいことがあります。現在では、知覚過敏抑制剤が配合されているホワイトニング剤もあるようです。ただし、日本では認可されていないホワイトニング剤もありますので、安全性については注意した方がいい場合もあります。

日本で認可されていないと安全性はない?

チューブアメリカでは最新式で効果も高いと言われているホワイトニング剤がたくさん出ていて、品質も安全性も優れているものでも、それが日本で認可されるのは簡単ではありません。厚生労働省で認可されれば、より安全性は高くなると言えますが、薬害エイズの影響もあり、認可されるには時間も費用もかかるとされています。しかし、日本で認可されていないからといって安全性がない、といは言えません。FDA(アメリカの厚生労働省にあたる機関)の認可があるホワイトニング剤であれば、安全性は問題ないと言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.