ホワイトニング剤で歯が脆くなる?

ホワイトニング剤で歯が脆くなる?

歯が脆くなるリスク

歯型ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素は、オフィスホワイトニングで15〜35%、ホームホワイトニングでは10〜22%で通常の消毒剤として使用されているものです。ホワイトニング剤に使用されている過酸化水素は、食品添加物にも使用されているものです。また、ホワイトニング剤に使用されている過酸化尿素は歯茎の治療薬としても使用されています。このようなことから言っても、ホワイトニング剤で歯が脆くなるというリスクはないと言えます。中にはphが低いものがあり、一時的に歯のカルシウムが溶け出すという減少を起こすことがありますが、唾液の働きで再石灰化が起こり、歯が脆くなるというリスクはなくなります。ホワイトニング剤はアメリカの食品医療薬品局や厚生労働省でも認可されているもの。歯を脆くしたり、軟化させたりすることはないので安心しましょう。

こんな歯医者だと歯が脆くなる?

治療室ホワイトニング剤で歯が脆くなることはないと言われていますが、歯医者で行うホワイトニング剤は濃度が高いものです。使用法を間違うと歯を脆くしてしまう可能性もあります。注意したいのは、「すぐに白くなる」「3年、5年歯は白いまま」などと広告でうたっている歯医者です。歯の状態は個人差もありますので、適切なホワイトニングが必要です。適切なホワイトニング剤の使用をしてもらわないと、歯を脆くしたり、歯にダメージを与えることにもなります。ホワイトニングで歯を脆くしないためにも、あまり大げさな広告には注意することです。

歯を脆くしないホワイトニング剤

ジェル歯を脆くしないホワイトニング剤と言われているのが、FAPホワイトニングです。このホワイトニング剤は歯をホワイトニングすると同時に、フッ化アパタイトがエナメル質の表面にコーティングされ、白さを維持し歯を脆くしないどころか、歯を強くしてくれるホワイトニング剤です。フッ化アパタイトの吸着で後戻りもしにくく、メラニン含有量の多い日本人特有の黄ばみにも効果的と言われているホワイトニング剤。このようなホワイトニング剤を取り扱っている歯医者も増えてきています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.