ホワイトニングの欠点を挙げるとすれば

ホワイトニングの欠点を挙げるとすれば

ホワイトニングで知覚過敏?

ジェル冷たいものを食べると起こる知覚過敏。ホワイトニングの欠点として挙げられるのがこの知覚過敏です。歯の構造は表面がエナメル質で、その下に象牙質があり、歯の中の神経を保護しています。その象牙質に刺激が伝わると痛みを感じます。これを知覚過敏と言います。刺激が伝わるのは、歯の先が削れてしまっている場合やエナメル質が薄くなってしまった場合などがあります。なぜホワイトニングで知覚過敏になるかというと、ホワイトニングに使用される薬が原因です。象牙質が出てしまっているところやエナメル質に細かいひびがあると、ホワイトニング剤がそこにしみて、痛みを感じるのです。しかし、この欠点は一過性のものと言われ、ホワイトニングが終わればこの欠点もなくなります。

真っ白の歯にはなれない?

歯ホワイトニングとはホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素の作用で、歯を明るくすることです。通常、このホワイトニングの方法をオフィスホワイトニングと言いますが、欠点として挙げられるのは紙のような白さにはならないということです。ホワイトニング剤の成分を活性化させて歯を白くする方法の欠点としては、歯の白さを追求するには限界があるということです。また、欠点として挙げられるのは、一度ホワイトニングをしても永久的ではないということ。タッチアップなどで追加のホワイトニングをする必要があります。もっと白くしたいという場合は歯の表面を消すってセラミックのシェルをつけるラミネートベニアなどの方法があります。

真っ白な歯になるホワイトニングの欠点

歯科医芸能人のような真っ白な歯になるには、通常のホワイトニング剤を使用したホワイトニングでは無理なので、その場合はラミネートベニアなどの方法があります。この方法は歯を削って行うホワイトニングの方法なので、欠点と挙げるとすれば健康な歯を削ってしまうことです。健康な歯を削るということは、歯にダメージを与えるということになります。この方法は治療費が高いということも欠点と言えるでしょう。割れやすいのも欠点です。このような欠点も踏まえて、歯科医とよく相談しホワイトニングの方法を選びましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.