CAD・CAMセラミッククラウンとは

CAD・CAMセラミッククラウンとは

CAD・CAMセラミッククラウンとは、コンピューターを使用することでセラミッククラウン製作工程を簡略化し治療費用を安価に抑えることに成功した審美歯科治療です。

まずコンピューターで患者の歯型データを読み込み、それを基にセラミックブロックから削り出していきます。

但し複雑な歯型の方には適合しない場合があり注意が必要です。安価に抑えられ簡単であることがメリットですが、今のところは歯並びが良く、単純な歯型の方にお薦めする治療法と言えます。

セラミッククラウンってどんな治療?

そもそもセラミッククラウンとはどんな治療法なのでしょう。ご存じない方のために基本事項を抑えておきます。

セラミッククラウンは、ホワイトニング同様、歯を白くする審美歯科治療のひとつで、変色した歯の表面を少し削り、そこにセラミックス(陶)の歯を装着させる治療法です。

セラミックスクラウンには、金属のクラウン上にセラミックスを焼き付けたメタルボンドと金属を全く使用しないオールセラミックスクラウンの2つの治療法があります。

また奥歯の金歯・銀歯の冠を白く見せる方法として、セラミックスインレーと言う治療法や、CAD・CAMセラミッククラウン治療法がありますので、状況に応じ適切に処置しなければなりません。

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.