ホワイトニングQandA

ホワイトニングQandA

ホワイトニングに関する様々な質問や疑問にお答えします。例えば、なぜ歯は変色するの?、歯の色は何で決定するの?、ホワイトニング治療を施した歯は一生白いの?矯正中や虫歯の治療等が完治していない場合はホワイトニング治療はできないの?と言った素朴な疑問に明確にお答えしています。「ホワイトニングQandA」であなたの疑問を解決しましょう!

ホワイトニングQandA一覧

スポンサードリンク

なぜ歯は変色するの?
歯が変色する理由には大きく4つあります。 外的要因 内的要因 加齢要因 遺伝要因 外的要因とは、食品やその他の着色料の影響で歯が変色する場合です。例えば、コーヒー、赤ワイン、コーラなどの飲み物は歯の変色を誘発する代表例と言えます。 内的要因は、歯の治療、病気の治療時に薬剤が投与されたり、内服薬を使用した影響で歯が変色する場合です。例えば、昭和40年頃に流行した抗生物質テトラサイクリン等の影響で歯が変色した場合などは、ホワイトニングの効果が現れにくい症例として挙げられています。 次に加齢要因ですが、読んで字のごとく、加齢により歯の象牙質の黄ばみが濃くなる現象です。年を重ねると、歯の表面であるエナメル質が薄くなり、反対に象牙質の厚みが増します。その影響もあり歯の黄ばみが増すのです。 最後に遺伝要因です。遺伝で歯が生まれたときから変色している場合ですが、加齢要因と同じく象牙質の変色ですので、歯の表面であるエナメル質に光の乱反射を起こさせるホワイトニング方法で治療します。...
歯の色は何で決定されるの?
歯の色は、歯の表面のエナメル質とその内側の象牙質で構成されます。 エナメル質は半透明で、象牙質はもともと少し黄色がかっています。人種・国籍によって髪の色、目の色が違うようにもちろん歯の色も違いますし、遺伝によっても違いが見られます。 歯の表面(エナメル質)の汚れを確実に落とす事が出来ても、加齢により象牙質が次第に黄ばんでくるので、若干の変色はどうしても避けることができません。 あとは、歯の位置や神経の有無によっても歯の色に違いが出ます。 ホワイトニングは、歯の表面のエナメル質を漂白する施術法です。極度に黄ばんだ象牙質を漂白することは不可能ですので、日頃の歯の手入れが非常に重要になると言う事です。 歯が変色する主な理由 歯が変色する理由には大きく4つあります。外的要因、、内的要因、加齢要因、遺伝要因の4つです。 外的要因とは、食品やその他の着色料の影響で歯が変色する場合です。例えば、コーヒー、赤ワイン、コーラなどの飲み物は歯の変色を誘発する代表例と言えます。 内的要因は、歯の治療、病気の治療時に薬剤が投与されたり、内服薬を使用した影響で歯が変色する場合です。例えば、昭和40年頃に流行した...
ホワイトニングした白い歯は永久なのか
ホワイトニング施術で手に入れた白い歯は永久のものなのでしょうか? 残念ながら永久のものではありません。 オフィスホワイトニングを行った場合もホームホワイトニングを行った場合も残念ながら一定の時期が来れば色落ちしてきます。 オフィスホワイトニングは、一気に白い歯を手に入れた反動と言えますが、約2週間程度で急激に色落ちしその後徐々に色落ちしていきます。 ホームホワイトニングの場合は、時間をかけて行った為色落ちのスピードもゆっくりです。それでも約2〜3年で色落ちが目だし始めます。 色落ちを放っておくと以前の状態に戻りますから、定期的な最着色が必要になります。そのような追加のホワイトニングをタッチアップと言います。 色落ちが気になるようでしたら、早めの施術をおすすめしますし、歯の着色しやすい食品(ワインやコーヒーなど)に注意しながら生活環境を変えていく必要性もあるでしょう。...
虫歯があるとホワイトニングできないの?
「虫歯は完治していないんだけど先に白い歯を手に入れたい!」と思われている人も多いはず。虫歯を治療しなければホワイトニングは行えないのでしょうか? 技術的には虫歯が完治していなくてもホワイトニングをすることは可能です。歯科医院(デンタル)で行うオフィスホワイトニングでしたら虫歯を避けてホワイトニング効果を発揮することは可能なのです。反対にホームホワイトニングはマウスピースにホワイトニング剤を注入して行いますから、虫歯の箇所だけを避けて歯を白くするというのは不可能です。 また、虫歯治療中のホワイトニングの是非は歯科医院の考え方によっても違いますから事前にお問い合わせください。 歯を矯正中の方はどうすれば 現在矯正中で、それでもホワイトニングを平行して行いたいと思われている方もいらっしゃると思います。しかし、歯の矯正装置が一部邪魔になり充分なホワイトニング効果が得られません。 他の症例で、矯正装置の装着中は、ホワイトニング剤(ジェル)がしみやすいとも聞くことから矯正中のホワイトニングは避けるほうが賢明でしょう。 この他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっか...
矯正中はホワイトニングできないの?
現在矯正中で、それでもホワイトニングを平行して行いたいと思われている方もいらっしゃると思います。しかし、歯の矯正装置が一部邪魔になり充分なホワイトニング効果が得られません。 他の症例で、矯正装置の装着中は、ホワイトニング剤(ジェル)がしみやすいとも聞くことから矯正中のホワイトニングは避けるほうが賢明でしょう。 ホワイトニングを避けるべき他の事例 この他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。 ○ 重度の変色歯の場合 黄ばみなどの色の程度をはるかに超える色。例えば、青みがかったダーググレー、ダークブラウン系の色をしている場合はホワイトニング効果は薄いと思われます。 ○ 歯が人工の場合 歯が金属、プラスチックなどの人工歯の場合はホワイトニング効果は望めません。ホワイトニングは基本的に神経がまだ残っている歯に効果があるようになっています。 ○ 虫歯が残っている場合 虫歯が残っている状態でホワイトニング剤を塗ると虫歯や歯周病患部に染みたり、ますます症状を悪化させる原因にもなりますので、ホワイトニングをするのであれば患部...
金歯を白くできませんか?
金歯自体を白くする事は出来ませんが、金歯の表面に冠を被せることで自然な白い歯を実現することは可能です。もちろん、噛み合せなども自然ですので安心です。 治療法はセラミックスクラウンを採用します。セラミックスクラウンは、セラミックス、つまり陶の人工歯を削られた金歯表面に装着することで歯を白く見せる治療法です。 セラミックスクラウンには、金属のクラウン上にセラミックスを焼き付けたメタルボンドと金属を全く使用しないオールセラミックスクラウンの2つの治療法があります。 また奥歯の金歯・銀歯の冠を白く見せる方法として、セラミックスインレーと言う治療法もあります。 差し歯の場合は・・・・ 差し歯の場合はどうでしょう?差し歯が変色して困っているかたも少なくはないので少し触れますが、差し歯の場合その変色の原因は、差し歯に含まれる材質による可能性が高いと言えます。差し歯にレジンという材質が使用されている場合は、長期使用感が出てしまうのは仕方がないでしょう。特に煙草や着色しやすい食品等の影響で変色してしまいます。 そんな変色してしまった差し歯を白くし、長期に白い歯を持続させるのに効果的な治療法がセラミックス...
差し歯の変色を白くできませんか?
差し歯が変色して困っているかたも少なくはないでしょう。その変色の原因は、差し歯に含まれる材質による可能性が高いと言えます。差し歯にレジンという材質が使用されている場合は、長期使用感が出てしまうのは仕方がないでしょう。特に煙草や着色しやすい食品等の影響で変色してしまいます。 そんな変色してしまった差し歯を白くし、長期に白い歯を持続させるのに効果的な治療法がセラミックスクラウンです。セラミックスの冠を差し歯表面に装着する治療法です。 セラミックス自体は、人体に馴染みやすくアレルギーなどが起こりにくい物質ですので安心です。 金歯の場合は・・・ また、金歯の場合はどうですか?という質問も良く耳にします。金歯も金歯自体を白くする事は出来ませんが、金歯の表面に冠を被せることで自然な白い歯を実現することは可能です。もちろん、噛み合せなども自然ですので安心です。 治療法はセラミックスクラウンを採用します。セラミックスクラウンは、セラミックス、つまり陶の人工歯を削られた金歯表面に装着することで歯を白く見せる治療法です。 セラミックスクラウンには、金属のクラウン上にセラミックスを焼き付けたメタルボンドと金...
妊娠中だけどホワイトニングできる?
妊娠中のホワイトニングは避けるべきかという質問が多いですが、実際のところはハッキリと分かっていません。というより妊娠中の母体を利用して実証実験が出来ないので症例がないので分からないというのが正しいのかもしれません。 常識的には、どんな薬剤においても妊娠中や妊娠の可能性のある時期にはホワイトニングを行わないことをおすすめします。ホワイトニングを行う治療期間を除き、最低3ヶ月程度は避けるべきでしょう。 ホワイトニング剤の主成分の過酸化水素が体内に吸収されたことで異常があったとの報告はまだないようですが、常識的には避けたほうが懸命です。 但し、ホワイトニングをしないことにより精神衛生上支障がでる場合や明らかにホワイトニングを行ったほうがメリットが大きい場合は、考えてもよいかもしれません。その場合は歯科医院と充分にご相談ください。...
まだ18歳だけどホワイトニングできる?
「18歳未満ですが、変色している歯に悩んでいます。こんな私でもホワイトニング受けられますか?」という切実な声があります。 一般的にはホワイトニングは18歳以上とされていますが、18歳未満でもホワイトニングできます。 反対に歯を変色したまま我慢することで、精神衛生上問題が生じるのであれば歯科医院に相談のうえ、適切な治療を受けても良いかと考えます。 実際に18歳未満の方がホワイトニングを行った症例もありますが、特に問題は無かったと聞いています。 歯が変色する主な要因とは そもそも歯は何故変色するのでしょうか?歯が変色する理由には大きく下記の4つだと言われます。 外的要因 内的要因 加齢要因 遺伝要因 外的要因とは、食品やその他の着色料の影響で歯が変色する場合です。例えば、コーヒー、赤ワイン、コーラなどの飲み物は歯の変色を誘発する代表例と言えます。 内的要因は、歯の治療、病気の治療時に薬剤が投与されたり、内服薬を使用した影響で歯が変色する場合です。例えば、昭和40年頃に流行した抗生物質テトラサイクリン等の影響で歯が変色した場合などは、ホワイトニングの効果が現れにくい症例として挙げられています...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.