審美歯科とセラミッククラウン

審美歯科とセラミッククラウン

セラミッククラウンとは書いて字のごとく歯の冠という意味の審美歯科治療法です。歯を白くする審美歯科治療にはホワイトニングやラミネートベニア法などがありますが、このセラミッククラウンは、歯自体を覆う治療法ですから、希望通りの歯を手に入れられるのが最大のメリットです。「審美歯科とセラミッククラウン」ではセラミッククラウン治療法の安全性についても解説いたします。

審美歯科とセラミッククラウン一覧

スポンサードリンク

セラミッククラウンとは
セラミッククラウンとは、書いて字のごとくセラミックの冠のことです。 審美歯科治療法のひとつで、遺伝や薬剤(抗生物質)による先天的要因により歯が変色してしまいホワイトニング治療で対応できない場合、あるいはラミネートベニア法で治療するには、土台になる歯の表面のエナメル質が少なく柔らかい部分が露出している場合などはこのセラミッククラウン治療法が採用されます。 セラミッククラウンは歯の冠を制作し、治療箇所(歯)に被せるので、歯の形、色、大きさは希望どおりになりいます。限りなく自然な色を出せますので目立つ事もありませんので満足度の高い治療法です。 どんな治療をするの 具体的にどのように治療するかと言いますと、歯の表面を少し削り、そこにセラミックス(陶)の歯を装着させる手順となります。ですから、変色した歯に特に効果を発揮するのです。 セラミッククラウン治療のデメリットとしては、冠を被せる治療法ですので、ラミネートベニア法などと違い、削る歯の量は多くなることが上げられます。ちなみに、治療時間は、1本につき約1時間。これをだいたい4回程度行うのが一般的です。 セラミッククラウンには、金属を全く使用しな...
セラミッククラウンの治療方法
セラミッククラウンは、ホワイトニング同様歯を白くする審美歯科治療のひとつで、歯の表面を少し削り、そこにセラミックス(陶)の歯を装着させる治療法で、変色した歯に特に効果を発揮します。 具体的に言いますと、セラミッククラウンは冠を被せる治療法ですので、ラミネートベニア法などと違い、削る歯の量は多くなります。 治療時間は、1本につき約1時間。これをだいたい4回程度行います。 セラミッククラウンの種類 セラミッククラウンには、金属を全く使用しないオールセラミッククラウンと、裏側に金属を設置しているメタルボンドの2種類があります。 以前は神経の残っている歯にしかオールセラミッククラウン治療は行えなかったのですが、高性能の接着剤が開発されたために、その点も解決しました。 また奥歯の金歯・銀歯の冠を白く見せる方法として、セラミックスインレーと言う治療法もありますのでこの機会に憶えておいてください。...
セラミッククラウンの安全性
セラミッククラウンは非常に安全性の高い審美歯科治療です。人の骨自体もセラミックで出来ていますから、生体との親和性は高い治療材なのです。 従って、金属アレルギーによるアレルギー患者、アトピー皮膚炎患者の方にも安心して使用できます。実際に金属アレルギーのアトピー患者がセラミッククラウン治療により完治した症例がたくさんあるのです。 ですから金属を使用しないオールセラミッククラウン、オールセラミックインレーが特にお薦めです。 セラミッククラウン治療について セラミッククラウンとはそもそもどのような治療法かと言いますと、セラミッククラウンは、ホワイトニング同様歯を白くする審美歯科治療のひとつで、変色した歯の表面を少し削り、そこにセラミックス(陶)の歯を装着させる治療法になります。 セラミックスクラウンには、金属のクラウン上にセラミックスを焼き付けたメタルボンドと金属を全く使用しないオールセラミックスクラウンの2つの治療法があります。 また奥歯の金歯・銀歯の冠を白く見せる方法として、セラミックスインレーと言う治療法もありますのでこの機会に憶えて置いてください...
セラミッククラウンの料金
自費治療のセラミッククラウンが人気? 見た目に美しい歯にすることができるセラミッククラウンは保険適用の場合とそうでない場合があります。保険適用のセラミッククラウンの料金は1本3,000円〜7,500円で、保険が適用されないセラミッククラウンの料金は、80,000円〜150,000円前後のようです。保険適応のセラミッククラウンは、変色したり色調の再現性が低いなどの欠点が多いと言われ、料金が高くなっても変色しない、審美的に優れている自費治療のセラミッククラウンが人気があるようです。セラミッククラウンは天然の歯と見分けがつかないほどきれいに、歯や歯肉が黒ずんだりすることがないのも、人気の理由です。 種類による料金の違い セラミッククラウンには、オールセラミッククラウンと呼ばれる一般的なセラミッククラウンの他に、保険外のものだと、メタルセラミッククラウン(陶材焼付鋳造冠・メタルボンド)と呼ばれる、金属の表面に美しいセラミックを焼き付けたクオリティーの高いもの、レジン(プラスチック)とセラミック(陶材)を混合したハイブリッドセラミッククラウンなどがあります。それぞれ料金は、オールセラミッククラウ...
スーパーセラミッククラウンとは
スーパーセラミッククラウンは、一本一本治療を行うセラミッククラウンとは違い、変色した歯や歯並びの悪い歯を全体的に被せることで一気に歯並びの良い健康的な白い歯を手に入れられる治療法です。 非常に耐久性にも優れ、通院も2〜3回程度と短時間で済みますので、煩わしさはありません。 乱杭歯、すきっ歯、八重歯、出っ歯などで歯並びが悪い場合に効果の高い治療法と言えます。 ※料金は、1本あたり6万円前後が一般的です。 セラミッククラウン治療について ちなみに、セラミッククラウン治療に馴染みのない方のために簡単にご説明しますと、一般的にセラミッククラウン治療は、遺伝や薬剤(抗生物質)による先天的要因により歯が変色してしまいホワイトニング治療で対応できない場合、あるいはラミネートベニア法で治療するには、土台になる歯の表面のエナメル質が少なく柔らかい部分が露出している場合などに採用される治療法ということが言えます。 歯の冠を制作し、治療箇所(歯)に被せるので、歯の形、色、大きさは希望どおりになりいます。限りなく自然な色を出せますので目立つ事もありませんので患者の満足度は非常に高い治療法と言えます。 具体的に...
高カラットメタルボンドセラミッククラウン
高カラットメタルボンドセラミッククラウンは、一般的なメタルボンドセラミッククラウンに比較しセラミックとの接着力に優れ強度が高いのが特徴です。金属も溶けにくいので生体との親和性があります。 色も透明感のある自然色に近いので、治療後の満足度は高いと言えるでしょう。(詳しくは歯科医院でご確認ください。) ちなみに、セラミッククラウン治療は、治療対象の歯をクラウン(冠:かんむり)で覆うクラウン治療の一種で、このクラウン治療にはほかにセラミッククラウン治療やスーパーセラミッククラウン治療があります。 セラミッククラウン治療を採用するケース 一般的にセラミッククラウン治療は、遺伝や薬剤(抗生物質)による先天的要因により歯が変色してしまいホワイトニング治療で対応できない場合、あるいはラミネートベニア法で治療するには、土台になる歯の表面のエナメル質が少なく柔らかい部分が露出している場合などに採用される治療法です。 歯の冠を制作し、治療箇所(歯)に被せるので、歯の形、色、大きさは希望どおりになりいます。限りなく自然な色を出せますので目立つ事もありませんので患者の満足度は非常に高いと言えます。 具体的には...
ハイブリットクラウン治療とは
ハイブリットクラウンとは、保険治療で前歯クラウンに認められてきた硬質レジン(固いプラスティック)にセラミックファイバーを混合した治療法です。 硬質レジン(固いプラスティック)にセラミックファイバーを混合させることで、硬質レジンの耐磨耗性を増強させ、固さを人間の自然はレベルに近づける事ができます。 しかも保険治療が認められた硬質レジンを使用しますので、セラミッククラウン治療に比較し費用を安価に抑えることが可能になります。 ただし、ハイブリットクラウンは、自然歯レベルに近いため、変色しやすいとのが欠点にはなりますが、料金を抑えられるという魅力があります。 ちなみに、ハイブリットクラウン治療は、治療対象の歯をクラウン(冠:かんむり)で覆うクラウン治療の一種で、このクラウン治療にはほかにセラミッククラウン治療やスーパーセラミッククラウン治療があります。 どのような歯の治療に適している? セラミッククラウン治療は、遺伝や薬剤(抗生物質)による先天的要因により歯が変色してしまいホワイトニング治療で対応できない場合、あるいはラミネートベニア法で治療するには、土台になる歯の表面のエナメル質が少なく柔ら...
CAD・CAMセラミッククラウンとは
CAD・CAMセラミッククラウンとは、コンピューターを使用することでセラミッククラウン製作工程を簡略化し治療費用を安価に抑えることに成功した審美歯科治療です。 まずコンピューターで患者の歯型データを読み込み、それを基にセラミックブロックから削り出していきます。 但し複雑な歯型の方には適合しない場合があり注意が必要です。安価に抑えられ簡単であることがメリットですが、今のところは歯並びが良く、単純な歯型の方にお薦めする治療法と言えます。 セラミッククラウンってどんな治療? そもそもセラミッククラウンとはどんな治療法なのでしょう。ご存じない方のために基本事項を抑えておきます。 セラミッククラウンは、ホワイトニング同様、歯を白くする審美歯科治療のひとつで、変色した歯の表面を少し削り、そこにセラミックス(陶)の歯を装着させる治療法です。 セラミックスクラウンには、金属のクラウン上にセラミックスを焼き付けたメタルボンドと金属を全く使用しないオールセラミックスクラウンの2つの治療法があります。 また奥歯の金歯・銀歯の冠を白く見せる方法として、セラミックスインレーと言う治療法や、CAD・CAMセラミッ...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.