オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院(デンタルオフィス)で歯を白くするホワイトニング治療を指し、自宅で行うホームホワイトニングに対してこう呼ばれています。オフィスホワイトニングを行うにはまず歯科医院での検査が必要になり虫歯の有無などをチェックしてもらいます。オフィスホワイトニングの最大のメリットは短時間で一気に白い歯が手に入るということですが、その裏側にはデメリットも潜んでいるのです。「オフィスホワイトニング」では、両面からオフィスホワイトニングの実態を詳細の解説いたします。

オフィスホワイトニング一覧

スポンサードリンク

オフィスホワイトニングとは
オフィスホワイトニングとは、通院先の歯科医院でホワイトニング治療をすることです。自宅で行うホームホワイトニングに対しこのように呼ばれます。 オフィスホワイトニングでは、ホームホワイトニングで使うホワイトニング剤よりも多く過酸化水素を使用し短時間で白い歯にできることが最大のメリットと言えます。 効果の持続はどのくらい? オフィスホワイトニングの効果が永久に持続するかと言うとそうではありませんので、ホームホワイトニングとの併用治療、定期的なクリーニング治療を併用するとより長く持続させる事が出来ることになります。 今申し上げたように、オフィスホワイトニングといえど、一度行っただけで永久に白い歯を持続できる訳ではありません。 洗剤を使い漂白された白いシャツが再び黄ばんでくるのと同じで過酸化水素濃度の高いホワイトニング剤を使用したオフィスホワイトニングを行ったとしてもある一定の期間が経てばホワイトニング効果は次第に薄れ色落ちが目立ちはじめます。 自宅で行うホワイトニングとの併用(デュアルホワイトニング)、定期的なクリーニング治療を行えばより効果を引き出せることになります。...
オフィスホワイトニングの効果
オフィスホワイトニングといえど、一度行っただけで永久に白い歯を持続できる訳ではありません。 洗剤を使い漂白された白いシャツが再び黄ばんでくるのと同じで過酸化水素濃度の高いホワイトニング剤を使用したオフィスホワイトニングを行ったとしてもある一定の期間が経てばホワイトニング効果は次第に薄れ色落ちが目立ちはじめます。 自宅で行うホワイトニングとの併用(デュアルホワイトニング)、定期的なクリーニング治療を行えばより持続しますので検討するのも良いでしょう。 オフィスホワイトニングの基礎知識 オフィスホワイトニング自体を知らない方に補足ですが、オフィスホワイトニングとは、通院先の歯科医院でホワイトニング治療をすることです。自宅で行うホームホワイトニングに対しこのように呼ばれます。 オフィスホワイトニングでは、ホームホワイトニングで使うホワイトニング剤よりも多く過酸化水素を使用し短時間で白い歯にできることが最大のメリットと言えます。 歯科医院によっては一度でオフィスホワイトニングを完了するところと数度に分割してホワイトニング治療を行うところと様々ですので事前に確認が必要です。...
ホワイトニング効果を持続させる秘訣
ホワイトニングで手に入れた白い歯を持続させるには歯に付着しやすい着色料が含まれた飲食物をなるべく口にしないことにつきます。 例えば、コーラやコーヒー、紅茶の類は特に歯の表面に色素が付着しやすく、歯の表面の変色を促進すると言われます。 歯の表面だけの汚れであればクリーニングで洗い落とせますが、頑固なものであれば再びホワイトニング治療を行う必要があります。完全に排除することは困難ですが、頭の片隅に置いておくだけでも効果があるでしょう。 ホワイトニングの効果をより強力にするには ホワイトニング効果そのものをより強力にする方法は、自宅で行うホームホワイトニングの併用です。デュアルホワイトニングとも言われますが、オフィスホワイトニングで短期間に白くした歯をホームホワイトニングで徐々に基礎固めすれば1〜2年は効果があります。 オフィスホワイトニングといえど、一度行っただけで永久に白い歯を持続できる訳ではありません。 洗剤を使い漂白された白いシャツが再び黄ばんでくるのと同じで過酸化水素濃度の高いホワイトニング剤を使用したオフィスホワイトニングを行ったとしてもある一定の期間が経てばホワイトニング効果は...
オフィスホワイトニングの治療法と手順
オフィスホワイトニング治療は以下の手順で行うのが一般的です。 歯の清掃と歯石除去 歯肉にプロテクターを装着 ホワイトニング剤を塗布 一定時間をおきます 光線を照射 歯を水洗い 各手順における注意点など 1.歯の清掃と歯石除去 ホワイトニング治療の前に歯を清掃し歯石も除去しておきます。 2.歯肉にプロテクターを装着 歯肉にホワイトニング剤が直接かからないようプロテクターを装着します。 3.ホワイトニング剤を塗布 ペースト状のホワイトニング剤をホワイトニング対象の歯に1〜2mm程度のボリュームで塗ります。この際に使用されるホワイトニング剤の過酸化水素は約15〜35%です。 4.一定時間をおきます ホワイトニング剤塗布後、一定時間、そのままの状態を保ちます。約2〜3分程度です。 5.光線を照射 ホワイトニング対象の歯に光線を照射しホワイトニング剤をより活性化させます。 6.歯を水洗い 最後に歯を水洗いしホワイトニング剤をしっかり洗い流し、ホワイトニングの効果を確認します。場合によっては歯の表面を研磨しホワイトニング治療を終了します。 ※このサイクルを1日に数度、或いは日にちを分けて数度重ねま...
ブライトスマイルでオフィスホワイトニング
ブライトスマイルは効果が高い? オフィスホワイトニングの一つであるブライトスマイルは、歯全体に一度にプラズマライトが当たるように設計されたもので、笑ったときに見える全ての歯を一度に白くすることができる、というのが特徴のオフィスホワイトニングの方法です。ブライトスマイルの波長は、ホワイトニングに最も効果的な波長と言われています。また、ブライトスマイルは強力な冷却装置を用いていて、20分間の連続照射が可能。高いホワイトニング効果があると言われています。さらに、ブライトスマイルに使用するホワイトニングジェルは、ブライトスマイルのガスプラズマライトから出る特殊な波長に効率よく反応する光反応促進剤が配合されています。この薬剤により、通常オフィスホワイトニングに使用される薬剤の半分以下の濃度でも、効果が得られると言われています。 ブライトスマイルの最新バーション ブライトスマイルの最新バーションであるブライトスマイル2は、従来のブライトスマイルよりさらに10%〜15%効果がアップしていると言われているオフィスホワイトニングです。従来のブライトスマイルと同じように、1時間の施術で完了するというホワイ...
アルゴンレーザーでオフィスホワイトニング
ブライトスマイルというホワイトニング法の他に、アルゴンレーザーを活用したホワイトニング法が有名です。しかし、効果はほとんど見込めないと言っても良いでしょう。 なぜかオフィスホワイトニングと言えばレーザー治療と思っている人も多いのですが、実際の効果は殆ど見込めません。ホワイトニングは使用するホワイトニング剤で効果が決定しますのでそのような情報に惑わされないよう注意してください。 中には、ホワイトニング時に使用する機器の性能や設備投資によりホワイトニング費用の高額を訴える歯科医院もあるようです。充分注意が必要です。 ブライトスマイルとは ブライトスマイルとは、歯科医院(デンタル)で行うオフィスホワイトニングの治療法のひとつです。 ブライトスマイルはハロゲンライトをホワイトニングする歯にあて効果を引き出すというものです。 しかし、実はこのブライトスマイル。歯の表面であるエナメル質が薄い日本人の歯には適さないようです。具体的な症状としては歯が凍み、痛む症例も見られます。 歯科医院でブライトスマイルを進められた場合は自分の歯質を充分確認の上で治療してもらうようにしましょう。...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.