自宅でホワイトニング(ホームホワイトニング)するなら

自宅でホワイトニング(ホームホワイトニング)するなら

ホワイトニングは自宅でもできる審美歯科です。これを一般にホームホワイトニングと言います。自宅でホワイトニングするには、まずかかり付けの歯科医院に診てもらい完治していない虫歯などがないかなど検査します。ホームホワイトニングするにあたり、特に問題なければ自宅ホワイトニング用の審美歯科キットを購入することになります。自宅でホワイトニング(ホームホワイトニング)するメリットとデメリットがありますので、十分に注意が必要です。「自宅でホワイトニング(ホームホワイトニング)するなら」では自宅でホワイトニングするにあたっての注意事項やアドバイスを詳細に解説します。

自宅でホワイトニング(ホームホワイトニング)するなら一覧

スポンサードリンク

自宅でもホワイトニングは可能か?
もちろん自宅でもホワイトニングは可能です。自宅でホワイトニングすることをホームホワイトニングと言ったりします。 まずは、歯科医院に通院し、歯科医にホワイトニング治療が可能かどうかを判断してもらいます。 虫歯の人はホワイトニングできない? 虫歯が完治していない場合、歯周病が完治していない場合などは、完治後にホワイトニングするよう薦められるでしょう。 自宅でホワイトニング(ホームホワイトニング)することを許可された場合は、一定の検査を受けたあと、ホームホワイトニングキットを持ち帰り自分で行います。 キットには、自分用に作られたマウスピースなどが含まれていますが、ホワイトニング剤を適量注入するだけですから、方法はいたって簡単です。 ホワイトニングの効果を長持ちさせるには 結構忘れられているのが、ホワイトニングで手に入れた白い歯をどう維持していくかという視点です。最も基本かつ効果的な方法があるとすれば、ホワイトニングで手に入れた白い歯を持続させるには歯に付着しやすい着色料が含まれた飲食物をなるべく口にしないことでしょう。 例えば、コーラやコーヒー、紅茶の類は特に歯の表面に色素が付着しやすく、歯...
ホームホワイトニングだけで歯は白くなる?
自宅で行うホームホワイトニングだけで白い歯を手に入れられるなら、オフィスホワイトニングに比べて料金も安いし、自宅で行いたいと思う方も多いと思います。 1日で終了するオフィスホワイトニングに比べ日数は要しますが、約3〜4日で効果が出始めます。 ひととおりホームホワイトニングを終えるには、2週間から1ヶ月ほどかける場合がほとんどですが、割と早い時期に効果を確かめられるので、やる気も損なわれずマイペースで行えるのではないでしょうか。 手に入れた白い歯を持続させるために また、基本的なことを押さえておきますが、ホワイトニングで手に入れた白い歯を持続させるには歯に付着しやすい着色料が含まれた飲食物をなるべく口にしないことです。 例えば、コーラやコーヒー、紅茶の類は特に歯の表面に色素が付着しやすく、歯の表面の変色を促進すると言われます。 歯の表面だけの汚れであればクリーニングで洗い落とせますが、頑固なものであれば再びホワイトニング治療を行う必要が出てきます。 そしてさらにホワイトニング効果そのものをより強力にする方法は、最寄の医院で行うオフィスホワイトニングとの併用です。デュアルホワイトニングとも...
ホームホワイトニングの効果
持続性があるホームホワイトニング 自宅で自分で行うホームホワイトニングは1日1時間から2時間装着するだけで、ホワイトニングの効果が現れるという方法。簡単で費用もオフィスホワイトニングよりもかかりません。ホームホワイトニングで使用する薬剤は、オフィスホワイトニング使用する薬剤よりも濃度が低いため、効果が出るのに時間がかかると言われています。ホームホワイトニングを毎日続けて、早い人で効果が出るのは数回、通常は2週間程度で効果が出ると言われています。ホワイトニングの効果は、個人差が大きいので、効果が出る時間もまちまちです。効果が出るのはオフィスホワイトニングの方が早いと言われていますが、効果が持続するのはホームホワイトニングだと言われています。 ホワイトニングの効果を持続させるために ホームホワイトニングの効果を持続させるためには、注意点があります。重要なのは、ホームホワイトニングの後1時間はコーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなどの着色性の濃いものを食べたり飲んだりしないことです。ホームホワイトニングを成功させるためには、正しい使用方法で行うことが大切。ホワイトニングジェルをたくさんつけたから...
ホームホワイトニングの方法
ホームホワイトニングの手順 ホームホワイトニングをする前には歯磨きをして清潔にしておきます。自分の歯に合わせて作ったマウスピースにホワイトジェルを入れて歯に装着します。歯にマウスピースを装着する際に、ホワイトニングジェルがはみ出さないように、少量注入するようにします。目安は1本の歯に対して米粒大です。マウスピースをズレないようにしっかりと装着するようにしましょう。ホームホワイトニングの方法は、日中30分〜1時間程度装着する方法と夜寝ている間に使用する方法があります。時間がきたら取り外して歯磨きをします。マウスピースに残ったホワイトニングジェルは低温水で洗い流します。ホームホワイトニングの方法はこの流れを毎日行います。 代表的なホームホワイトニング剤 日本で最初に認可されたホームホワイトニング剤がナイトホワイトエクセル。ホームホワイトニングの方法はアメリカにおいては9割以上の人が利用していると言われていますが、そのアメリカでかなりの実績があるホワイトニング剤です。オパールエッセンスというホワイトニング剤は粘着性があり、漏れにくく、歯をしみにくくする薬剤が配合されています。他にはティオン、...
通院からホームホワイトニングまでの流れ
事前検査からホームホワイトニング実施まで 1.ホームホワイトニングの事前検査 歯科医院でホワイトニングできる歯か、そしてホームホワイトニングしても効果があるかの見極めを行います。 2.歯をクリーニング 歯の表面の汚れだけであれば、その場でクリーニングを実施します。 3.マウスピースの準備・型とり ホワイトニング出来ると歯科医が判断した場合、ホームホワイトニング用のマウスピースを作成するためにお口の型をとります。 4.マウスピースの完成 およそ1〜2時間程度でマウスピースが完成します。 5.カウンセリング ホームホワイトニングキットや施術法の説明を聞きます。 6.写真撮影 施術後の効果を検証するため、施術前(現在)の歯の色を写真におさめます。 7.ホームホワイトニングの開始 ホワイトニングキットとマウスピースを自宅に持ち帰り、マウスピースにホワイトニング剤(ジェル)を注入することですぐ始められます。 以上が、最初の診察から自宅でホワイトニング(ホームホワイトニング)を行うまでの概要になります。 ※歯科医院によっては行わないものもありますので、詳細は通院時にお尋ねください。...
ホームホワイトニングの安全性
ホームホワイトニングって危険なんじゃないの?そんなふうに思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、ホワイトニング剤の安全性は認められていますし、何か事故が起こった等の症例も確認されていませんので、あまり神経質になる必要はないでしょう。 いくつかの注意点 妊娠中の女性や、妊娠の疑いがある時期の女性は、出来るだけホワイトニングを避けるほうが賢明と言えます。 また、マウスピースに注入するホワイトニング剤(ジェル)の量や歯の状態によって、染みたり、敏感になったりする場合もあります。しかし、殆どの場合が、不慣れによるものですので、量を減らしたり、装着時間を短くしたり、ホワイトニング回数を少し減らすなどして工夫することで解決します。 ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素の安全性も認められていますが、出来るだけホワイトニング終了後30分までは飲食・喫煙を避けるようにしてください。効果も落ちる可能性があります。 まあ自宅で行うホームホワイトニングだけで白い歯を手に入れられるなら、オフィスホワイトニングに比べて料金も安いし、自宅で行いたいと思う方も多いと思います。 1日で終了する...
ホームホワイトニングの注意点
ホームホワイトニング直後の注意点 自宅でできるホームホワイトニングは気軽にできて、費用も安いことからお勧めのホワイトニングの方法ですが、注意点として自分で管理しなければならないという点があります。ホームホワイトニング終了後、歯はとてもデリケートな状態。このような時に着色料の強いものを食べたり、飲んだりすると色が戻りやすくなるので、注意が必要です。コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー、ケチャップ、キムチなどの色が濃いものを、ホームホワイトニング直後に食べたり、飲んだりしないことが注意点の一つ。また、注意点として喫煙もあげられます。タバコのヤニは歯に着色しやすいので、ホームホワイトニングの効果を下げると言われています。ホームホワイトニング後1時間は我慢しましょう。 ホームホワイトニングは歯にしみる? ホームホワイトニングはトレー(マウスピース)にホワイトニングジェルをつけて歯に装着するだけという簡単な方法です。しかしここで注意点があります。トレーつけるジェルはつけすぎないこと。つけすぎると装着した際にはみだしてしまい、しみたり、痛みを感じたりする原因になります。ジェルの量は自分で調整しながら行...
マウスピースの使用上の注意点
知覚過敏を避けるマウスピースの使用方法 マウスピースを使用するホームホワイトニングの際、マウスピースの使用上の注意点としてあげておきたいのは、ホワイトニングジェルの使い方です。ホームホワイトニングを行う時、歯にしみる、痛みがあるなどの症状が出る場合があります。このような症状を知覚過敏と言いますが、マウスピースにつけるホワイトニングジェルが装着時にマウスピースからはみ出してしまうと、こういった症状が現れることがあるので、使用上の注意点として覚えておきましょう。ジェルの量は個人差がありますので、マウスピースにつけるジェルの量は少量でいいようです。それでもしみるなどの症状が出る場合は、マウスピースの装着時間を調節したり、毎日ではなく2〜3日おきにすることをお勧めします。 マウスピースの取り扱いの注意点 マウスピースを使用する前には口の中は生活にしておきましょう。その後、ホワイトングジェルをつけたマウスピースを装着しますが、使用上の注意点としては、あまり強く押し付けないこと、はみ出したジェルをティッシュや歯ブラシなどで歯茎から取り除くことが注意点です。余分なジェルは知覚過敏の原因になります。ホ...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.