ホワイトニングに向かない人

ホワイトニングに向かない人

ホワイトニングは残念ながら全ての人に効果があるというわけではありません。自分の歯の状態、虫歯の治療状況、治療後の歯の性質やホワイトニング時の体質などによってもホワイトニングの効き目や効果が違ってきます。「ホワイトニングに向かない人」でホワイトニングに適している条件を見極め、最善の治療を心がけましょう。

ホワイトニングに向かない人一覧

スポンサードリンク

ホワイトニング治療に向かない人
歯に何かしら問題がある人 ホワイトニング治療に向かない人もいます。ホワイトニングは自分の歯であることが前提なのでセラミックの歯や入れ歯、差し歯などの人工の歯を白くすることはできません。知覚過敏や虫歯、歯周病がある人はホワイトニング治療をするうえで、痛みを伴うことがあるので、ホワイトニング治療には向かない人です。また、小児も歯の成長に影響する場合があるので、14歳以下の場合、ホワイトニング治療は向かないと考えます。歯ができる3〜5歳くらいのときにテトラサイクリンという抗生剤を服用したために、歯が濃い色になってしまった人もホワイトニング治療は向きません。通常、ホワイトニングは歯の色が濃い人よりも薄い人の方が効果が出やすいと言われています。 歯磨きをしない人 ホワイトニング治療を受けた後は、白さを保つため歯磨きなどのお手入れが大切です。歯磨きをきちんとできない人はホワイトニング治療には向かない人です。歯磨きがきちんとできないと、虫歯も増えますね。虫歯の治療でつめた金属が原因で黒っぽくなっている場合がありますが、この場合ホワイトニング治療の効果がないと言われています。また、虫歯の治療で神経をと...
ホワイトニングとテトラサイクリン
テトラサイクリンをご存知でしょうか? テトラサイクリンとは、昭和40年前後に流通した抗生物質です。病気の治療で服用したり投与治療を受けた多くの人が歯の変色を起こすなどの副作用を訴えたため、後に、テトラサイクリンの使用が禁止されることになりました。 変色したのは歯のエナメル質(表面)の内側の象牙質で、この時期に治療等の理由で体内に投与された人の多くが象牙質の黄ばみや黒ずみに悩まされ続けています。 テトラサイクリンによる歯の変色をホワイトニングで白く美しい歯にできないものか多くの期待が寄せられていますが、ホワイトニング施術の仕組み上、象牙質の変色まで元に戻すことは不可能と言えます。 絶対に不可能なの しかしながら、歯のエナメル質(表面)の汚れをホワイトニングする過程で、光の反射を利用した施術効果もありますので、どうしても気になる場合はそのような選択肢もあります。 このケースのように歯のホワイトニングが全ての人に効果があるわけではありません。 歯の構造を利用したホワイトニング治療の特徴を考えるとわかりやすいのですが、歯の表面であるエナメル質の内側に象牙質という歯の基本構造の色素が濁っていたり...
ホワイトニングでも白くならない歯とは
歯の色が濃いと白くならない? 歯の色が濃いとホワイトニングでは白くならない可能性も高いです。灰色や濃い茶色の歯はホワイトニングで白くなりにくいと言われています。幼少の頃、テトラサイクリンという抗生剤を服用したために、歯に色が濃くついてしまうことがあるのですが、この場合もホワイトニングでは白くなるのは難しいとされています。テトラサイクリンとは抗生物質の一つで、歯の象牙質や骨に沈着するという性質があります。着色した歯は紫外線によって濃くなるので、前歯などの色が目立つのです。また、神経をとってしまった歯は色が濃くなっていきます。こういった歯も通常のホワイトニングでは白くならないと言われている歯です。歯は加齢とともに黄色くなっていきますが、加齢によって変色した歯にはホワイトニングでかなり白くなると言われています。 人工の歯は白くならない? ホワイトニングは自分の歯であることが必要です。入れ歯や差し歯、セラミックの歯などの人工の歯を白くならないとされています。インレーと呼ばれる詰め物やクラウンが変色してしまう場合もあり、これを白くしたいと思ってもホワイトニングでは白くならない歯です。このような歯...
重度の変色歯はホワイトニングできない?
ホワイトニングは、どんな歯の色でも白くするわけではありません。 あまりにもひどい色、重度の変色歯の場合はあまりホワイトニングの効果は見込めないと考えたほうが良いでしょう。 深い青みを帯びたダークグレー色やブラウン色の歯は、ホワイトニング効果は思ったほどありません。何度か回数を重ねるとそれなりに白くはなりますが、理想とする白い歯に近づけるかどうかは困難と言えるでしょう。 ホワイトニングを避けたほうが良い他のケース 他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。 ○ 歯が人工の場合 歯が金属、プラスチックなどの人工歯の場合はホワイトニング効果は望めません。ホワイトニングは基本的に神経がまだ残っている歯に効果があるようになっています。 ○ 虫歯が残っている場合 虫歯が残っている状態でホワイトニング剤を塗ると虫歯や歯周病患部に染みたり、ますます症状を悪化させる原因にもなりますので、ホワイトニングをするのであれば患部を治療した上で望むことをおすすめします。 ○ 歯に亀裂が入っている場合 虫歯同様、歯に亀裂が入っている状態でホ...
人工の歯はホワイトニングできない?
人工歯にはホワイトニング効果は見込めません。ホワイトニングはあくまでも天然の歯に効果があると思ってください。 もしセラミックや金属、プラスチック等の人工歯の色を白くしたいと言うのであれば、クリーニングをするか、新しく作り変えるかになります。その場合は歯科医院とご相談ください。 他にもホワイトニングが向かないケース このほか、薬品等の服用による重度の変色のある方、歯に亀裂のある方、虫歯や歯周病の方、歯の神経が死んでいるために変色している方、歯のエナメル質が作られずに象牙質がむき出しになっている方などもホワイトニングに向きませんので、専門の歯科医と十分に相談されることをおすすめします。 この他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。 ○ 重度の変色歯の場合 黄ばみなどの色の程度をはるかに超える色。例えば、青みがかったダーググレー、ダークブラウン系の色をしている場合はホワイトニング効果は薄いと思われます。 ○ 虫歯が残っている場合 虫歯が残っている状態でホワイトニング剤を塗ると虫歯や歯周病患部に染みたり、ますます症状...
虫歯・歯周病の人とホワイトニング
虫歯が完治していないかた、治療中の方、または歯周病が完治していない方はホワイトニング治療を行わないほうが賢明です。 もし治療中にホワイトニング剤が虫歯や歯周病患部に着いてしまった場合は、症状が悪化する可能性が大いにあるからです。 オフィスホワイトニングの場合、虫歯部分を避けて施術することは不可能ではありませんが、出来るだけ避けたほうが良いでしょう。 この他ホワイトニングを避けたほうが良いケース 他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。 ○ 重度の変色歯の場合 黄ばみなどの色の程度をはるかに超える色。例えば、青みがかったダーググレー、ダークブラウン系の色をしている場合はホワイトニング効果は薄いと思われます。 ○ 歯が人工の場合 歯が金属、プラスチックなどの人工歯の場合はホワイトニング効果は望めません。ホワイトニングは基本的に神経がまだ残っている歯に効果があるようになっています。 ○ 歯に亀裂が入っている場合 虫歯同様、歯に亀裂が入っている状態でホワイトニング剤を塗ると亀裂箇所を強烈に刺激し、歯を破損される直接原...
歯に亀裂があるとホワイトニングできない?
痛みの原因になる歯の亀裂 歯に亀裂があってもホワイトニングができない、というわけではありません。しかし、注意しなければならいのは、歯に亀裂があるままホワイトニングをすると、知覚過敏を起こすことがあります。これはホワイトニング剤に使用されている過酸化水素による一過性の歯の脱水症状が原因で生じるもので、一時的な痛みと言われています。しかし、痛みの程度は個人差がありますので、歯に亀裂がある場合はホワイトングをしない、という歯科医もあります。また、歯に亀裂がある人がホワイトニングをすると、ホワイトニング剤が亀裂部分からしみこんで、歯牙破折になる可能性もあると言われています。 歯の亀裂は治療が必要 歯に亀裂がある人は原則として治療をしてからホワイトニングをします。歯の亀裂の原因は、歯の治療後、被せ物をしなかったり、かみ合わせの力が強かったり、加齢が原因で歯に亀裂が生じます。自分でも気づかないうちに歯に亀裂が生じている場合もありますので、ホワイトングをすえる際にはしっかりと診察してもらいましょう。ホワイトニングをしない場合でも歯の亀裂を放置しておくと、象牙質が破損し、空気や食べ物が触れるたびに痛む...
神経が死んでいる歯はできない?
神経が死んでいる歯の場合は、ホワイトニング効果が薄いといえます。ホワイトニングは、あくまで生きている天然の歯に対して有効なのです。 もし神経が死んでいる歯を白くするには、ウォーキングブリーチという手法を使います。 ウォーキングブリーチは、歯の裏に穴をあけ、そこにホワイトニング剤を流し込むという方法です。 ウォーキングブリーチ法は確実に白くなりますが、神経の無い脆い歯に施術するので、ガスなどがたまり易く場合によっては破折の原因になったりますので注意が必要です。 ホワイトニングを避けたほうが良いケース 他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。 ○ 重度の変色歯の場合 黄ばみなどの色の程度をはるかに超える色。例えば、青みがかったダーググレー、ダークブラウン系の色をしている場合はホワイトニング効果は薄いと思われます。 ○ 歯が人工の場合 歯が金属、プラスチックなどの人工歯の場合はホワイトニング効果は望めません。ホワイトニングは基本的に神経がまだ残っている歯に効果があるようになっています。 ○ 虫歯が残っている場合 虫...
エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方
歯の発達が充分でない方もホワイトニングに適さないと言われています。歯が充分に発達していない方がホワイトニング治療を行うと、薬剤の影響で歯の神経である歯髄が痛むのです。 歯の発達が充分でない症状を「エナメル質形成不全」「象牙質形成不全」と言います。 自分の場合が形成不全に当たるかどうか歯科医院に必ずご確認ください。 他にホワイトニングを避けたほうが良いケース 他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。 ○ 重度の変色歯の場合 黄ばみなどの色の程度をはるかに超える色。例えば、青みがかったダーググレー、ダークブラウン系の色をしている場合はホワイトニング効果は薄いと思われます。 ○ 歯が人工の場合 歯が金属、プラスチックなどの人工歯の場合はホワイトニング効果は望めません。ホワイトニングは基本的に神経がまだ残っている歯に効果があるようになっています。 ○ 虫歯が残っている場合 虫歯が残っている状態でホワイトニング剤を塗ると虫歯や歯周病患部に染みたり、ますます症状を悪化させる原因にもなりますので、ホワイトニングをするのであ...
妊娠中の人はホワイトニングできない?
妊娠中の方がホワイトニングをされるのは一般的に避けられています。歯のホワイトニング治療と言えど薬剤を使用するので、避けるべきだとされているのです。 これまで妊産婦がホワイトニング治療を行い、問題が起きたという症例は見られませんが、単体に妊娠中の方でもホワイトニングは安全に行えるという保証もないのです。 そういったことから、業界では妊娠中のホワイトニングは避けるべきとされています。 他にホワイトニングを避けたほうが良い場合 この他にもホワイトニングを避けた方が良い方、良い歯というものがありますのでしっかり抑えておきましょう。下記がその一例です。 ○ 重度の変色歯の場合 黄ばみなどの色の程度をはるかに超える色。例えば、青みがかったダーググレー、ダークブラウン系の色をしている場合はホワイトニング効果は薄いと思われます。 ○ 歯が人工の場合 歯が金属、プラスチックなどの人工歯の場合はホワイトニング効果は望めません。ホワイトニングは基本的に神経がまだ残っている歯に効果があるようになっています。 ○ 虫歯が残っている場合 虫歯が残っている状態でホワイトニング剤を塗ると虫歯や歯周病患部に染みたり、ま...
無カタラーゼ症と歯のホワイトニング
無カタラーゼ症は絶対的禁忌 無カタラーゼ症と診断された場合、歯のホワイトニングはできません。薬にアレルギーのない、健康な場合は過酸化水素を分解する酵素を備えているのでホワイトニング剤を飲み込んでしまってもそれほど問題はないのですが、薬剤に含まれる物質を分解することができない無カタラーゼ症は、歯のホワイトニングは危険です。歯のホワイトニングの薬剤を飲み込んでしまった場合、無カタラーゼ症は分解できない成分が体内に蓄積されてしまいます。過酸化水素が分解されないと、進行性口腔壊死などの危険な疾患を招くことがあります。無カタラーゼ症の場合、歯のホワイトニングは絶対的禁忌とされています。 無カタラーゼ症の治療方法は? 無カタラーゼ症の診断方法は、オキシドールを傷口に塗り、白い泡が立たない場合は無カタラーゼ症の疑いが強いとされています。無カタラーゼ症と診断された場合、ホワイトニングの薬剤が有害物質として体内に蓄積されるので、歯のホワイトニングができず、また、治療は不可能とされています。このように薬剤が体に対して悪影響を及ぼす場合、歯のホワイトニングができないことがあります。歯のホワイトニング剤や機器...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.