ホワイトニングの安全性と危険性

ホワイトニングの安全性と危険性

白い歯が手に入る審美歯科、中でもホワイトニングがいま注目されています。でもホワイトニングって本当は危険なのでは?ホワイトニングって痛いんじゃないの?ホワイトニング剤で歯が溶けると効いたんだけど...そんな噂や憶測が飛び交っております。「ホワイトニングの安全性」では、あなたの不安点に明確にお応えし、ホワイトニング治療を施す際の注意点などについても解説いたします。

ホワイトニングの安全性と危険性一覧

スポンサードリンク

ホワイトニング剤で歯が脆くなる?
歯が脆くなるリスク ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素は、オフィスホワイトニングで15〜35%、ホームホワイトニングでは10〜22%で通常の消毒剤として使用されているものです。ホワイトニング剤に使用されている過酸化水素は、食品添加物にも使用されているものです。また、ホワイトニング剤に使用されている過酸化尿素は歯茎の治療薬としても使用されています。このようなことから言っても、ホワイトニング剤で歯が脆くなるというリスクはないと言えます。中にはphが低いものがあり、一時的に歯のカルシウムが溶け出すという減少を起こすことがありますが、唾液の働きで再石灰化が起こり、歯が脆くなるというリスクはなくなります。ホワイトニング剤はアメリカの食品医療薬品局や厚生労働省でも認可されているもの。歯を脆くしたり、軟化させたりすることはないので安心しましょう。 こんな歯医者だと歯が脆くなる? ホワイトニング剤で歯が脆くなることはないと言われていますが、歯医者で行うホワイトニング剤は濃度が高いものです。使用法を間違うと歯を脆くしてしまう可能性もあります。注意したいのは、「すぐに白くなる」「3年、5年歯は白いまま」...
ホワイトニング剤(薬剤)の成分
ホワイトニング剤(薬剤)の成分の特徴 ホワイトニング剤の主成分は過酸化水素と過酸化尿素です。オフィスホワイトニングの薬剤には過酸化水素が、ホームホワイトニングの薬剤には過酸化尿素が主成分として含まれています。過酸化水素水は漂白効果が高いと言われている成分ですが、歯肉への刺激が強いとも言われています。しかし、ph値を口の中に近づけることで、刺激を抑えた成分として使われています。ホワイトニング剤の成分は安全性についてもさまざまな学会などにおいて立証されています。オキシドールなどの消毒液や足品添加物などにも配合されていて、体内に取り入れても危険な成分ではありません。 ホームホワイトニングで使用される薬剤の成分 ホームホワイトニングの薬剤は過酸化尿素を主成分としています。ただし、この成分は酸化反応の過程において過酸化水素に変化しますので、通常、ホワイトニング剤の成分は過酸化水素とされています。ホームホワイトニングのホワイトニング剤の主成分である過酸化尿素は過酸化水素に比べて酸化反応がゆっくりしています。この成分の性質を活かしたのがホームホワイトニングです。過酸化尿素の漂白効果は過酸化水素の約1...
ホワイトニング剤の安全性について
ホワイトニング剤で歯がもろくなる? ホワイトング剤の主成分は過酸化水素です。過酸化水素は厚生労働省でホワイトニング剤として認可されているもので、安全性が認められています。過酸化水素はオキシドールとして使用されていたり、食品添加物にも使用されているものですから、安全性は確認されているもの。また、ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素を発生する過酸化尿素は、歯茎の治療薬としても使用されているもので、歯肉炎にも効果があると言われているものです。各学会でもホワイトニングの安全性に関する研究・発表は頻繁に行われていて、ホワイトニング剤の安全性についても認められています。ホワイトニング剤に使用される過酸化水素は歯をもろくしたり、エナメル質を溶かしたりすることがないと実証されていて、安全性は認識されています。 ホワイトニング剤で知覚過敏になる? 安全性は認められているホワイトニング剤ですが、ホームホワイトニングなどでしみたりする、知覚過敏を感じるという声もあります。これはホワイトニング剤の使用量や使用方法などを調整することで、ほとんど解決することができますが、歯茎が薄い場合やエナメル質が薄いという場合...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.