ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニングのメリットとデメリット

歯のホワイトニングは、非常に簡単に、そして比較的安価な費用で白い歯を手に入れられるというのが最大の特徴です。歯の色がにごっているだけでどこか自分に自身が持てない...そんな経験おありじゃないでしょうか。ホワイトニングのメリット・デメリットでは、ホワイトニングによる良い部分だけでなく、その裏側にあるしっかり認識しておくべきデメリット(欠点)部分にまで焦点をあて解説いたします。

ホワイトニングのメリットとデメリット一覧

スポンサードリンク

ホワイトニングのメリット
自然な美しさを手に入れることができる 歯の漂白と言われているホワイトニングのメリットは自分の歯で行うことができる、という点です。自分の歯を削ったり、抜いたり、傷めたりすることなく、白くすることができるのもホワイトニングのメリット。歯の色を明るくしていくので不自然な白さにならず、自然な白い歯を手に入れられます。回数によって白さを調整できるのもメリットの一つです。他人に気づかれずに、自然と白くすることも可能。歯を削ることもないので、自分の歯がある限り何度でも繰り返し行うこともできます。結婚式やパーティなどイベントがある時にも、1回で効果が出ると言われるホワイトニングもあるので、便利ですね。 人工的なホワイトニングとの比較 ホワイトニングと言われる方法には、ラミネートベニアやクラウンなど人工的な方法で歯を白くする方法があります。これらと比べると、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは価格が安いというメリットがあります。また、セラミックのシェルは割れやすいというデメリットがあり、使用できる場所にも制限がありますが、通常のホワイトニングは気になる部分に施せるというメリットがあります。失敗...
ホワイトニング|歯が白くなるメカニズム
歯が白くなる2つのメカニズム ホワイトニングは薬剤を用いて歯の表面を白く見えるように変化させる、というものです。そのメカニズムとして現在では2つのことが解明されています。一つは、ホワイトニング剤を使用して歯の表面の着色物を白く漂白させるというメカニズム。もう一つはホワイトニング剤を使用して歯の表面構造を変化させる、というメカニズムです。ホワイトニング剤というのは過酸化水素や過酸化尿素を主成分とした薬剤です。この薬剤を塗布することで、歯の表面の着色物を無色透明に分解し、さらに歯の表面の組織構造を曇りガラスのように変化させることで、歯が白く見えるのです。 歯が白くなるには過酸化水素が必要 なぜ過酸化水素水で歯が白くなるのでしょうか?ホワイトニングの際の過酸化水素水による漂白のメカニズムについて説明します。過酸化水素水は分解する際にフリーラジカルが圧制し、歯の着色有機質に含まれる二重結合部分を切断します。この作用により、着色有機質は分子が小さくなり、無色透明に変わっていきます。色素を分解された歯は白くなります。これが歯が白くなるメカニズムです。オフィスホワイトニングでは、さらにこの反応を促進...
ホワイトニングのデメリット
オフィスホワイトニングのデメリット 通常、歯医者でよく行われるのがオフィスホワイトニング。高濃度の薬液を使用し、場合によってはレーザーを用いてホワイトニングする方法です。この方法は短期間でホワイトニングができるというメリットもありますが、デメリットは短期間で色が後戻りしやすいということです。まや、必ずしも1回で希望の歯の色にならないという点もデメリットです。1度で希望のホワイトニングができなかった場合は数回通院しなければなりません。また、真っ白の歯を希望するのであればオフィスホワイトニングでは無理なケースもあります。白さには限界があるという点もオフィスホワイトニングのデメリットです。 治療費が高いホワイトニング ホワイトニングの中でラミネートベニアやクラウンといった方法は、真っ白な歯になれるという反面、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。ホワイトニングのためとはいえ、健康な歯を少しの量ですが削るというのは、もったいない気もしますね。また、歯の表面につけるセラミックのシェルは薄く割れやすいというデメリットがあります。このデメリットのため、強い力がかかる部位にはできな...
ホワイトニングの欠点を挙げるとすれば
ホワイトニングで知覚過敏? 冷たいものを食べると起こる知覚過敏。ホワイトニングの欠点として挙げられるのがこの知覚過敏です。歯の構造は表面がエナメル質で、その下に象牙質があり、歯の中の神経を保護しています。その象牙質に刺激が伝わると痛みを感じます。これを知覚過敏と言います。刺激が伝わるのは、歯の先が削れてしまっている場合やエナメル質が薄くなってしまった場合などがあります。なぜホワイトニングで知覚過敏になるかというと、ホワイトニングに使用される薬が原因です。象牙質が出てしまっているところやエナメル質に細かいひびがあると、ホワイトニング剤がそこにしみて、痛みを感じるのです。しかし、この欠点は一過性のものと言われ、ホワイトニングが終わればこの欠点もなくなります。 真っ白の歯にはなれない? ホワイトニングとはホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素の作用で、歯を明るくすることです。通常、このホワイトニングの方法をオフィスホワイトニングと言いますが、欠点として挙げられるのは紙のような白さにはならないということです。ホワイトニング剤の成分を活性化させて歯を白くする方法の欠点としては、歯の...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.