ホワイトニングの基礎知識

ホワイトニングの基礎知識

アメリカ育ちのホワイトニングがようやく日本でも受け入れられる様になってきました。それには長い歴史があり、歯科界の闘いでもあったのです。ホワイトニングが市民権を得て間もないこともあり、ホワイトニングの基礎情報に乏しい現状があります。ホワイトニングの基礎知識ではホワイトニングに対する基本的なあなたの「なぜ?」にお答えします。

ホワイトニングの基礎知識一覧

スポンサードリンク

歯のホワイトニングとは
歯を明るくするホワイトニング ホワイトニングとは歯の表面に付いた色素を落としたり、歯の中にある色素を分解して歯を明るくし、歯を白くする技術です。1989年にアメリカで実用化されたものです。ホワイトニングはかつては歯を削ってセラミックをかぶせたり、差し歯にすることでしか歯を白くできなかったのですが、ホワイトニングの技術で自分の歯を白くすることが可能になりました。ホワイトニングには、大きく分けると2つの方法があります。ホワイトニング剤を表面に塗り、ハロゲンライトなどを当てて歯の中にある色素を分解するオフィスホワイトニングと、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れて白くするホームホワイトニングがあります。 ホワイトニングには個人差がある? ホワイトニングの効果には個人差があると言われています。もともと歯の色が濃い人や、変色してしまっている人は、ホワイトニングの効果が出にくいと言われています。また、虫歯の治療などで歯が黒く変色してしまっている人や人工の歯にはホワイトニングは施せません。コーヒーや赤ワイン、タバコ、カレーなど色の濃い食べ物を好む人はホワイトニングをした後、色の後戻りが早く起こる...
ホワイトニングって痛いの?
痛みはほとんどないホワイトニング 歯の治療は痛い、というイメージと、ホワイトニングは痛い、という声もありホワイトニングは痛いのでは?という不安を持っている人も多いでしょう。ホワイトニングは歯に薬剤を塗るだけなので、痛みを伴うことはほとんどありません。ただし、歯の質は人により異なり、感じ方も違うので多少の痛みを感じる場合もあるようです。痛みとしては知覚過敏のような痛みやズシンという痛み、などです。また、唇に痛みを感じるという声もありますが、我慢できないほどの痛さではないようです。治療中はDVDを観賞させてくれたり、気をそらせてくれる歯科医院もあるようです。ホワイトニングの痛みはそれほど心配しなくても大丈夫でしょう。 痛みを感じる場合 日常で冷たい物を食べたりすると歯にしみる、感じる場合がありますが、ホワイトニングにおいてもしみる場合があります。痛いというより沁みるという感じですね。しみる原因は、歯の中心にある神経を保護している象牙質に刺激が加わること。象牙質の周りにはエナメル質がありますが、このエナメル質が薄くなっていたりすると、象牙質に刺激が届き、しみたり、痛みを感じるのです。濃度の濃...
ホワイトニングの治療方法(歯の漂白法)
ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングとでその漂白法は違います。 ホームホワイトニングは、フィットするトレイ(マウスピース)を歯科医院で作ってもらい、自宅での治療時に薬剤(微量の過酸化水素)入りのものを口にはめることで行います。長期間(1週間から1ヶ月程度)治療を行う必要がありますが、色の後戻りがしにくいという利点があります。 一方、オフィスホワイトニングは、通院先の歯科医院で治療してもらいます。白くしたい歯にホワイトニング剤を塗り、その箇所にレザーや光をあて治療を行うのが一般的です。ホワイトニング剤は自宅で行う場合の約10倍の過酸化水素が使用されるため、治療中誤って歯肉につくと白くなったり場合によっては痛みをともなう場合もあるので注意が必要です。 ホワイトニングは維持管理が重要 ホワイトニングは歯の漂白法のほかにも、ホワイトニング治療後の維持管理にも目を向ける必要があります。自動車でもそうですが、フッ素加工を自動車のボディ表面に塗布しても永久に効果があるわけではありませんし、自動車を保管する車庫や駐車場の環境によってはその磨耗、損傷の程度に差異が生じることは容易に想像できると思...
ホワイトニングの効果
好印象を与えることが最大の効果 ホワイトニングをすることで得られる最大の効果は、何と言っても口元を気にせずに笑えるということではないでしょうか?歯が白いだけでも清潔感が漂いますね。歯並びもよいとなおさら口元美人になることができます。口元や歯並び、歯の色などは意外と目につくものです。ホワイトニングをするだけで、きれいな歯の印象が残り、高感度もアップしますね。飲食店や営業などにおいては印象もよくなり、仕事にもよい影響をもたらします。面接などにおいても好印象を与えることができます。日常生活においてホワイトニングの効果は大きいですね。 ホワイトニングはどれくらいもつの? ホワイトニングの効果は個人差があり、すぐに効果が現れて白くなる人もいれば、なかなか効果が現れずしろくならない人もいると言われています。しかし、ホワイトニングを繰り返し行うことでたいては効果が得られると言われています。また、ホワイトニングの効果がどれくらい持続するかというと、その人の生活環境にもよりますが、通常は半年から1年程度とされています。せっかくホワイトニングをしても1年もすると効果がなくなってしまうのは残念ですが、その効...
ホワイトニング効果を短期で引き出す方法
ホワイトニング効果の高いオフィスホワイトニング ホワイトニング効果が高いと言われているオフィスホワイトニングは、高濃度のホワイトニング剤を使用し、さらにレーザーなどを当てて薬剤の効果を高める方法と言われているため、ホワイトニング効果を短期で引き出す方法と言われています。その中でも多くの歯医者で使用されているのはハロゲンライトによるホワイトニングですが、よりホワイトニング効果が高く、短期で効果を引き出す方法としては、アルゴンレーザーやスピードホワイトニング、ブライトスマイルなどの方法があります。これらの方法はホワイトニング効果を短期で引き出すことができるのですが、短期間で色の後戻りが起こりやすいというデメリットがあります。また、全て医師に任せることができるので楽なのですが、施術が終了するとその後も通院してホワイトニングを続けなければならず、料金もかかることがデメリットになります。 ホームホワイトニングなら低価格? マウスピースを使い自分でホワイトニングをするホームホワイトニングであれば、オフィスホワイトニングよりも低価格ですみますし、歯に与えるダメージが少なくて、色も後戻りしにくいという...
ホワイトニングのはじまり
ホワイトニングはあるアメリカ人によって開発されました。 歯を白くすることを目的にホワイトニング治療を研究していたのではなく、あるひとしたことからホワイトニング剤の基材である過酸化水素が歯を白くするのに効果的であるということに気づいたのです。 ある時、矯正中だった患者さんが矯正器具を歯に装着していると歯磨きの磨き残しが生まれるため虫歯になりやすいとの要望になんとかこたえる事ができないかとの思い出使用されたのが過酸化水素でした。 結果、矯正患者の歯は白くなったという症例があちらこちらで聞こえ始め、歯を白く清潔に保つにはこの過酸化水素はすばらしい効果を発揮するのではと考えられるようになったのです。これがホワイトニングのはじまりです。 アメリカ生まれのホワイトニングですが、ホワイトニング剤が日本でも解禁になり白い歯を手に入れるという日本人の価値感が徐々にですが変わり始めています。 ホワイトニングをやるメリット ホワイトニングの最大のメリットは、まさに白い歯を手に入れられることです。歯が変色しているために、どことなく自分に自信がもてない人、歯を見せて思いっきり笑う事が出来ない人にとっては明るい自...
ホワイトニングとタッチアップ
タッチアップとは、アフターケアの事です。髪をきると伸びてきてまた切りそろえ、染め直しを行うように歯のホワイトニングもある一定の時期を経過すると色落ちが目立ちはじめますので、早めのアフターケア(タッチアップ)が必要になるというわけです。 時間をかけて行うホームホワイトニングでは約1〜2年白い歯を維持できますが、一気に行うオフィスホワイトングでは、約3〜6ヶ月で色落ちしはじめますので、タッチアップが必要になるのです。 料金(費用)について 料金は最初にホワイトニングをするときほどかからず格安でできますが、何度も行うとそれなりに費用がかかります。そういう時におすすめなのが、デュアルホワイトニングで最初にオフィスホワイトニングで一気に色くし、白い歯を長期間維持させるために自宅でのホームホワイトニングを併用する手法です。 しかし、基本的かつ最も効果の高いアフターケアを多くの方は忘れています。それはホワイトニングで手に入れた白い歯を持続させるために歯に付着しやすい着色料が含まれた飲食物をなるべく口にしないことです。非常に基本的なことですよね。 例えば、コーラやコーヒー、紅茶の類は特に歯の表面に色素...
白い歯を手に入れる治療チャート
適切な方法を選ぶための治療チャート 白い歯を手に入れるための方法はさまざまです。歯の状態によってはできない方法もあります。費用的にも高額になる場合もあります。また、どの程度の白い歯になりたいか、によってもホワイトニングの方法は異なります。これから紹介する治療チャートを参考に、自分の希望に合った、適切な方法で白い歯を手に入れましょう。 1.歯の表面の着色を落としたい→クリーニング コーヒーや紅茶、赤ワインなどの色の濃い食べ物やタバコのヤニなど、歯の表面に付着した汚れをきれいに落とし、白い歯を手に入れるためには歯のクリーニングを。本来の歯の色よりも白くなることはないでのですが、歯が汚れていた場合にはかなり白い歯になれるとされています。 2.歯の内部の変色を白くしたい→ホワイトニング ホワイトニング用の薬剤を用いて白い歯を手に入れる最も一般的な方法。歯へのダメージもほとんどありません。ただし、数回の通院が必要であり、白い歯の効果は半年〜1年と言われているので、その後のメンテナンスが必要です。歯科医院で行うオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニングがあります。 3.ホワイトニングで...

スポンサードリンク

Copyright (C) 歯のホワイトニングのすべて All Rights Reserved.