ゲルマニウムって何?

ゲルマニウムって何?

ゲルマニウム(元素記号:Ge)とは、地球の地殻部分の鉱物に含まれる半導体で、1885年ドイツのウインクラー博士が鉱石アルジロダイトからの分離に成功したことで一般化された鉱物で、ピレネー山脈の麓とにある難病を治すという「ルルドの泉」にも多くのゲルマニウムが含まれていたことが発見されたこともゲルマニウムの一般化に拍車をかけました。ちなみに半導体とは、ある一定の条件を付加した時に電気を発生させない絶縁体になったり、電気を通す動体になったりする物質を言います。

ゲルマニウムには、無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムがあり、無機ゲルマニウムは特にスポーツ界で注目され、ブレスレット型のゲルマニウムを着用することで生体電流を整えて肩こりなども治ることで有名です。一方の有機ゲルマニウムは、朝鮮人参やサルノコシカケなどの植物に含まれ、発ガン抑制や血流促進、活性酸素の消去、骨粗しょう症の予防などに効果的と医学界も注目するほどです。

ゲルマニウムという名称はドイツの国名である「ゲルマン」からとり自由を意味しているようです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 岩盤浴を極める! All Rights Reserved.