半身浴で発汗トレーニング

半身浴で発汗トレーニング

発汗効果の高い半身浴

良い汗をかくことは美容と健康にとても良いこと。岩盤浴が人気があるのもそのためですが、自宅でできる半身浴も発汗トレーニングにはとても有効な方法と言われています。普段はお風呂に入ると首までつかって体が温まったら出る、という場合が多いでしょう。しかしそれでは首から上しか汗が蒸発せず、発汗トレーニングにはなりません。汗をかいても首から上以外は蒸発できず、体温調節がうまくいかず、のぼせてしまうのです。心臓から下までをお湯つけるのが半身浴。発汗機能も働き、たくさんの汗をかくことができ、汗は蒸発するので、発汗トレーニングになるのです。

半身浴での発汗トレーニングの方法

バスタブに半身浴ができる程度のお湯をはります。温度は37〜38℃くらいが発汗トレーニングに適した温度です。半身浴をする際には、バスタブに入る前の掛かり湯は全身ではなく、湯につかる部分にだけ掛かり湯をします。上半身に水分がかかるとお湯につからない上半身の水分が蒸発する際に気化熱を奪い、発汗する前から体温を下げてしまうからです。お湯につかったら最低30分は入るようにしましょう。10〜15分程度で汗をたくさんかいてきます。半身浴の発汗トレーニングは入浴時間がけっこう長いです。本を読んだり、テレビや音楽で快適に時間を過ごす工夫をしましょう。半身浴は体の芯まで温まることができるので、お風呂から出た後もしばらく体はぽかぽかしています。

半身浴の効果をより高める方法

半身浴での発汗トレーニングの効果をより高めるために、足のマッサージなどをするといいでしょう。お湯の中で足首を動かしたり、足の指を1本ずつ回したり、マッサージすると血液が全身をめぐり発汗作用が高まります。ふくらはぎをもんだりするのも、血行をよくするとともに、足の疲れもとれますね。発汗トレーニングはたくさんの汗をかくことが大事です。そのためには塩やゆず、みかん、ハーブなどの入浴剤を使うのもお勧めです。カモミールやローズマリー、サンダルウッドなどのアロマを使うとリラックス効果も高まり、半身浴の効果をより高めると言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 岩盤浴を極める! All Rights Reserved.