発汗トレーニングとは

発汗トレーニングとは

良い汗をかくためのトレーニング

サラッとした汗をかく人、ベタついた汗をかく人、汗をかきにくい人、と汗のかき方にもいろいろありますが、健康と美容のためにはサラッとした良い汗をかく必要があります。生活環境が乱れていたり、運動不足だったりすると汗をかくときに塩分やミネラルなどの栄養分も一緒に放出されてしまうので、ベタついた悪い汗になってしまうのです。悪い汗は乾きにくく、肌の表面で雑菌が繁殖し肌トラブルの原因になったり、においの原因になったりします。発汗トレーニングとは、良い汗をかけるように汗腺を鍛えるトレーニング。休止していた汗腺も復活させ、良い汗をかけるようにするのが発汗トレーニングです。

半身浴で発汗トレーニング

発汗トレーニングの一つには半身浴があります。半身浴は自宅で思い切り汗をかくことができる発汗トレーニング。半身浴の基本は上半身はお湯につけないことです。首までしっかりお湯につけてしまうと、汗をかいても首から上しか蒸発しないので、発汗トレーニングになりません。また汗をかいても気化できず体温調節ができないので湯あたりしてしまいます。胸をお湯につけない入浴法は心臓にも負担をかけません。じっくり長くつかっていることで血液が全身をかけめぐり、体の芯からあたたまり湯冷めもしにくい状態になります。ぬるめのお湯は自律神経を刺激しリラックス効果を高め、発汗作用も高まると言われています。

高温手足浴で汗腺を鍛える

高温手足浴は汗腺を鍛える発汗トレーニングです。ひじから先とひざから下を43℃前後のお湯につけ、全身の汗腺を刺激する発汗トレーニング。機能が低下している汗腺を鍛えるには最適と言われている方法です。手足は汗腺が多いので熱いお湯であたため、手足の汗腺を刺激することで、休止している汗腺も活動させることができるようになります。手足が温められると血流も促進され、全身に血液が流れ体も温まってきます。高温手足浴は手足を温めることで全身も温まり、さらに体の休止状態にある汗腺も復活させることができます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 岩盤浴を極める! All Rights Reserved.