なぜ汗をかくと良いのか

なぜ汗をかくと良いのか

汗をかくと病気をしない

なぜ汗をかくと良いのかというと大きな理由の一つに健康のため、ということが言えます。汗をたくさんかくということは、体温が上昇し代謝が良くなるということ。人間の体温が1℃上昇すると基礎代謝が10%以上、上がると言われています。基礎代謝が上がると、免疫力が上がり、健康に良いとされています。体温が低いと、細菌などの病原体に対する抵抗力が弱まり、腸内では悪玉菌や有害菌が増殖。あらゆる病気の原因になります。汗をかき体温があがり、代謝が良いと栄養素や老廃物を運ぶ血流も良くなります。汗をかくことは体温調節機能や自律神経にも良い刺激を与え、健康を保ってくれるのです。

排泄機能でダイエット

汗をかくと汗腺や皮脂腺から尿素やアンモニア、乳酸、老廃物、有害金属などを排出してくれます。中でも汗をかくと乳酸などの疲労物質を排泄してくれるという働きをしてくれるのです。脂肪に吸着する性質を持つ有害金属は、皮脂に吸着しているので、皮脂腺から皮脂を排出することで、デトックスの効果もあると言われています。体内から有害物質を排泄することは、健康にも美容にも良いことですね。また、汗をかくことで体内に蓄積された毒素を排出すると、酸性体質弱アルカリ性にしてくれるので、健康にも良いとされています。また、汗をかくと新陳代謝が良くなるので、脂肪が燃焼しやすい体になるのです。汗をかくことはダイエットにも良いのです。

精神的にも良い汗

運動をしてたくさん汗をかいた後、爽快感を味わう人も多いのではないでしょうか?体を動かしてたくさん汗をかくと、精神的にも気持ちの良いものです。半身浴や岩盤浴などで汗をかくと、体内の老廃物が排出されるとともに副交感神経が優位になりリラックス効果をもたらすと言われています。寝る前に半身浴などをしてたくさん汗をかけば、体も心もすっきりとして、良い睡眠を得ることもできます。良い睡眠は健康や美容にとても重要なものですね。美容と健康のためにもたくさん汗をかくことは、とても良いことです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 岩盤浴を極める! All Rights Reserved.