岩盤浴のデトックス効果

岩盤浴のデトックス効果

発汗作用によるデトックス効果

岩盤浴でたくさんの汗をかくこと。これがデトックス効果につながります。毒素には体内で作られた老廃物としての尿素や乳酸、アンモニアなどの体内毒素と食物や吸い込んだ大気などから体に入ってきたカドミウムやダイオキシン、水銀、アルミニウム、ヒ素、鉛などの体外毒があります。このうち体外毒素は主に汗から排出されます。発汗するとき、血漿から出たミネラルなどは再吸収されるのですが、有害金属などは再吸収されずそのまま汗と一緒に排出されるのです。岩盤浴で汗をたくさんかけばかくほど、有害金属が排出されることでデトックス効果が得られるというわけです。

腎臓機能の向上でデトックス効果を得る

体内にある尿素や乳酸、アンモニアなどの体内毒素は尿として体外に排出されますが、その機能を果たすのは腎臓です。冷え症や低体温の人は、腎臓への血流も低下している状態で、ろ過される老廃物の量も少なくなり、体に毒素がたまりやすくなっています。これはむくみの原因にもなります。岩盤浴で発汗作用が高まると、体の代謝機能が向上し、血流が促されます。血流が促されると血液が腎臓を取り、ろ過されて排泄される老廃物の量も増加します。これが岩盤浴のデトックス効果につながります。岩盤浴のデトックス効果で体内毒素を排出し、冷え症やむくみを改善することができるのです。腎臓機能の向上は血圧や腎臓の働きにもいい影響を与えます。

皮脂腺の活性化でデトックス

岩盤浴には汗腺からと皮脂腺からの2つのデトックス効果があると言われています。特に皮脂腺は皮脂の唯一の排泄器官です。岩盤浴は皮脂腺を刺激し皮脂の分泌機能を高めます。さらにマイナスイオンの効果で皮脂の酸化を押さえ、皮脂腺の通りも良くしてくれます。皮脂腺が活性化されると皮脂がどんどん排出されます。有害金属は脂肪に吸着するという性質があるので、皮脂に吸着した有害金属が体外にどんどん排出されます。さらに岩盤浴の発汗作用で汗腺からも老廃物に混じって有害金属が排出されるので、岩盤浴のデトックス効果は大きいと言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 岩盤浴を極める! All Rights Reserved.