岩盤浴の遠赤外線効果

岩盤浴の遠赤外線効果

岩盤浴の遠赤外線のぽかぽか効果

岩盤浴の遠赤外線には体を芯から温めてくれる効果があると言われています。それは岩盤浴で使用されている鉱石から放出される遠赤外線が長い波長を持ち、なおかつ均一に体を温めてくれるからです。体を芯から均一に温めてくれる遠赤外線効果は、自律神経やホルモン系の活動を活性化させ、新陳代謝を促します。特に代謝の高い肝臓を温め、代謝機能を高めます。代謝が促されると血液の循環も良くなり、さらに体があたたまりぽかぽかしてくるのです。このぽかぽかは手足まであたたまり、冷え性の改善にもつながります。全身が温まると精神的にもリラックスし、ストレス解消にもつながります。

遠赤外線の共鳴振動作用

岩盤浴で使われている鉱石からの遠赤外線効果には共鳴振動作用というものがあると言われています。人間の体内は70%の水分でできていますが、その水分が光線を吸収すると体内の水の分子に伝わり振動を始めるのです。これを共鳴振動作用と言います。共鳴振動作用が体の中から熱が発生させ体を温め、さらに血液や水分を揺すって小さな粒にしてさらさらと流れやすくすると言われています。岩盤浴の遠赤外線にはこのような作用は、皮下の深いところから温め、血液やリンパの流れを良くし、新陳代謝を高め、自律神経の機能を調整するなどの効果があると言われています。

岩盤浴の遠赤外線効果は実証ずみ

岩盤浴の遠赤外線効果を出すためには条件があります。遠赤外線の波長域のうち、生物の成長や育成に欠かせないとされている4〜14ミクロンの波長帯の電磁波であること、というものです。1981年NASAの研究において、太陽光線の中で人体に最も有効に作用するのは遠赤外線で、中でも4〜14ミクロンの波長の遠赤外線は最も深遠力があり、人体の分子との共振作用によって熱エネルギーを発生させるという発表がなされています。この発表からも分かるように岩盤浴の遠赤外線効果は実証されているものです。さらに、岩盤浴で使用される鉱石には遠赤外線の他にマイナスイオンの発生が条件づけられていて、その相乗効果によって、発熱作用、代謝機能の向上、血流の促進などの効果が出ると言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 岩盤浴を極める! All Rights Reserved.