T型のアレルギーについて

T型のアレルギーについて

抗ヒスタミン剤というのは、T型のアレルギーを抑えるために処方されるものですのです。

ここで、T型のアレルギー症状とは何でしょうか?

T型のアレルギーとは、体内には、ヒスタミンやロイコトリエン、プロスタグランジンなどの化学伝達物質を貯蔵しているマスト細胞と呼ばれる細胞があります。

体の中に取り込まれたアレルゲンは、このマスト細胞を破壊して化学伝達物質の放出を促し、この化学伝達物質の働きによってアレルギー症状が生じます。このメカニズムのことをT型のアレルギーといいます。

そして、化学伝達物質のひとつであるヒスタミンは、体内各所にあるヒスタミンT型タンパク質と結合することによってアレルギー症状を引き起こすのです。

抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンとヒスタミンT型タンパク質との結合を起こりにくくすることによってアレルギー症状をやわらげる薬なのです。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.