アレルギー性接触皮膚炎の症状

アレルギー性接触皮膚炎の症状

アレルギー性皮膚炎の症状としては、はじめ、かゆみとともに紅班が出てきます。
その後は、触れたものの毒性が弱い場合は、この程度で済みますが、強いと、その後、丘疹や大小の水疱が表れます。

ときには、その部分に痛みや、熱感の出ることもあります。
やがて、水疱がつぶれて汁が出たり、化膿してのう胞を作ったりしますが、かさぶたができて、しだいに乾燥し、それがはがれ、治っていきます。

ただ、かきこわしたり、さらに同じ物質との接触を蜜にいしない限り、痛みや熱感が起こることはあまりありません。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.