アレルギー性喘息(ぜんそく)の注意点

アレルギー性喘息(ぜんそく)の注意点

アレルギー性喘息(ぜんそく)の注意点として、アレルギー性喘息(ぜんそく)は主に小児のぜんそくに多く、室内(ほこり、ダニ、ペットの毛)の環境や屋外のさまざまな有機物に対して発作を起こします。

また、季節性があったり、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などを合併しやすいのも特徴的です。
 
もともと、アレルギー体質を持っていると気管支の炎症がおこりやすく、このため、ちょっとした刺激で,気管支がイガイガする過敏な状態になりやすいのです。

そこにかぜなどのウイルスの感染、ストレスなどが加わることで気管支がせまくなり、痰が多くなり・咳・喘鳴・呼吸困難などの発作をおこします。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.