アレルギー性喘息(ぜんそく)の原因

アレルギー性喘息(ぜんそく)の原因

アレルギー性喘息(ぜんそく)の原因としては、肥満細胞から放出されたのと同じロイコトリエンなどの化学伝達物質を出し、これらの作用で平滑筋を収縮させ、粘膜に炎症を起こすのですが、この炎症によって粘膜に浮腫みが生じ、平滑筋の収縮によって狭くなった気管支をますます狭くするため、ぜんそくの症状が悪化することになり、1〜2日は継続してしまうのです。

ぜんそくの患者さんはもともと気管支が過敏になっているため、この刺激によって過敏性がさらに亢進されます。
そのためにさらに外界からの刺激に敏感になり、次の発作が起こりやすくなり慢性化へとつながっていくことになります。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.