アレルギー性喘息(ぜんそく)の症状

アレルギー性喘息(ぜんそく)の症状

アレルギー性喘息(ぜんそく)の発作の仕組みとして、肥満細胞の表面でIgE抗体とアレルゲンは反応し、肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエン・などの化学伝達物質が放出されるのですが、この化学伝達物質は気管支の平滑筋を収縮させてけいれんを起こし、粘膜の浮腫み、気管支狭窄を起こします。

また、分泌を亢進させる恐れもあり、鼻水や気管支粘液・痰を増やしてしまうので、これも気管支を狭くする一因と考えられます。


前述が即時型反応と呼ばれるもので、これによって起こる症状はアレルゲンを吸入して15〜30分後にピークになり、一時間くらいでおさまります。
これで症状がおさまれば軽い発作で済みますが、ぜんそく患者の約半数は数時間後に再び、遅発型反応による発作が起こると言われています。


遅発型反応は、好酸球によっておこる気道平滑筋収縮と気道粘膜炎症です。
好酸球は肥満細胞から放出された好酸球遊走因子や血小板活性因子、ヘルパーT細胞が作るサイトカインであるインターロイキン5などによって気管支に集められます。
炎症を放っておくと、気道の粘膜に変化が起こり、気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまいます。

したがって、ぜんそくは早期に治療を開始することが重要です。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.