アレルギー性喘息(ぜんそく)とは?

アレルギー性喘息(ぜんそく)とは?

アレルギー性喘息(ぜんそく)とは遺伝性の作用が強く働く病気です。

本人の既住や家族歴にアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアトピー性疾患が見られることが多く、皮膚反応や血液検査などで室内塵や花粉などの抗原に陽性を示すタイプの人をいいます。

アレルギー性喘息(ぜんそく)の発作の仕組みは、肥満細胞の表面でIgE抗体とアレルゲンは反応し、肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエン・などの化学伝達物質が放出されます。

*IgE抗体とは、アレルギー抗体とも呼ばれるもの。アレルギーを起こす抗原(例えば花粉など)との接触を繰り返すうちに体内に蓄積され、量が一定ラインを超えるとアレルギーを発症する。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.