食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状

症状は軽いものから死にいたるものまで様々

小児に多いとされる食物アレルギーの症状は、軽いものから生命の危機に関わる重篤なものまで様々です。食物アレルギーの原因となる食物を食べると、その食べ物に含まれるタンパク質などが腸から吸収され、血液中を流れ体中でアレルギー反応を起こします。皮膚や呼吸器の粘膜、鼻や目の粘膜などそれぞれの場所でアレルギーの原因物質に対してIgE抗体が結びついてアレルギーぼ症状が起こります。どのような症状かというと、皮膚粘膜ではかゆみ、じんましん、むくみ、発疹、結膜充血、涙目、瞼のむくみ、消化器では吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、気道では口内のかゆみ、違和感、腫れ、咽頭浮腫、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、呼吸困難などです。食物アレルギーがひどくなるとアナフィラキシーショックを起こし、頻脈や意識障害、血圧低下などの症状も引き起こすこともあります。

アナフィラキシーの症状

食物アレルギーにおいて最も激しい症状がアナフィラキシーです。口の中の違和感や唇のしびれ、手足のしびれ、気分不快、吐き気、じんましん、腹痛などの症状から始まり、のどが詰まった感じ、胸が苦しい、嘔吐、めまい、全身のじんましんなどの症状を引き起こします。さらには呼吸困難や意識障害などの症状を引き起こし、死にいたることもある恐ろしい症状です。このようなことを避けるためにも、食物アレルギーの可能性がある場合は、どの食物に対してアレルギーがあるのかをしっかりと認識することが必要です。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

食物アレルギーの症状において、非常にまれですが特定の食物を摂取したあとに運動をすると、じんましんから始まり急激にショックを起こすことがあります。これを食物依存性運動誘発アナフィラキシーと言います。学校の給食後、すぐに運動などをすると起こることがあります。最初はじんましんの症状が出ることが多いようです。食物アレルギーを持っている人は食事の後は激しい運動は避けるようにしましょう。じんましんが現れたら、すぐに運動をやめて適切な処置をするようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.