アレルギー性紫斑病の治療法

アレルギー性紫斑病の治療法

アレルギー性紫斑病の治療は必要ない?

アレルギー性紫斑病の治療法は通常は必要ないとも言われていて、現在現れている症状を緩和する治療法が主なものになります。症状が紫斑だけの場合は様子を見るだけということが多いのですが、腎炎の発症の可能性もあるため定期的な尿検査をして血尿やタンパク成分が出ていないかを確認することも必要です。アレルギー性紫斑病の治療法としては、アレルギー性紫斑病の原因を取り除くことが大切な治療法となりますので、抗生物質を使用します。止血剤や抗アレルギー薬である内服薬での治療法になります。炎症を抑えるためにはステロイドなどを使用した治療法になります。

症状がひどい場合は入院も

アレルギー性紫斑病において腹痛が強い場合は入院での治療法が必要になる場合があります。関節痛に対してはアセトアミノフェンなどの投与が有効と言われていますが、関節痛や腹痛が強い場合はステロイドの注射を行うこともあります。アレルギー性紫斑病では凝固因子という体内のタンパク質が低くなっていることがありますので、凝固因子が低い場合には凝固因子を補充する治療法も行われることもあります。入院中は医師の指示に従い安静にして症状に応じて点滴を打ったり、抗生物質を使用しながら治療を進め、小児の場合はほとんど3ヵ月くらいで治癒します。

アレルギー性紫斑病の後遺症は?

アレルギー性紫斑病は後遺症もほとんどなく治癒することが多いのですが、再発することもあります。しかし、腎炎を併発すると治療法も複雑になり、治癒する時間も長くなります。また、慢性化することもあるので注意が必要です。紫斑病性腎炎を発症し蛋白尿が悪化する場合は小児の腎臓専門医に相談することをお勧めします。紫斑病性腎炎の治療が長期に続いて特定の薬による治療が必要な場合は「小児慢性特定疾患」として医療費の補助を受けることができる場合がありますので、医療スタッフに確認してみましょう。アレルギー性紫斑病の治療法は体質や症状によって異なります。医師と相談しながら適切な治療法を選びましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.