食物アレルギーとは

食物アレルギーとは

食物アレルギーの定義

食物アレルギーとは、食物を摂取したときにアレルギーを介して不利益な症状が出る場合と定義されています。アレルギー体質の場合、特定のタンパク質にIgE抗体を作りやすい傾向にあって、摂取した食べ物とIgE抗体を介して症状が起こると言われています。ほとんどの食物アレルギーの場合、アレルゲンのある食物を摂取してから2時間程度で症状が現れる即時型反応を示しますが、中には少し遅れて症状が現れる場合もあります。食物アレルギーの症状で最も多いのは皮膚症状です。じんましんやかゆみ、赤くなる、顔が腫れる、発疹がでるなどといった症状ですね。食物アレルギーの症状としては咳や呼吸困難、ぜんそくのようにゼイセイする、口内が腫れる、目が赤くなる、吐く、腹痛を起こす、下痢になるなどといった症状もあります。ひどくなるとアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

食物アレルギーの原因となる食品

食物アレルギーの原因となる食品はさまざまですが、代表的なものには卵、牛乳、小麦、魚介類、ピーナッツなどがあります。これらのアレルゲン食品は年齢によっても異なります。小児の食物アレルギーで多いのは卵、牛乳、小麦などです。これらの食物アレルギーは成長とともに症状が軽くなったり、治ったりすることもあります。食物アレルギーは個人差が大きく、大人になっても特定の食品に対してアレルギー症状を起こす場合もあります。特にピーナッツや魚介類、そばなどは症状が軽くなったり、治ったりしにくい食品と言われています。

食物アレルギーと上手に付き合う

食物アレルギーの場合、ひどくなるとアナフィラキシーショックなどを起こすこともあるので注意が必要です。食事をしていて、食物アレルギーの症状が出たらチェックしておきましょう。2回以上同じ症状が現れたら食物アレルギーの可能性が高いと言えます。アトピー性皮膚炎の場合でも症状がひどくなったら、食物アレルギーの影響かもしれません。食事日誌などをつけて、食物に対する症状をつけておくとアレルゲンの発見にもつながり、食物アレルギーの回避になります。現在ではアレルギー表示もなされるようになりました。それらを確認し加工食品などにも注意しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.