アレルギー性紫斑病とは?

アレルギー性紫斑病とは?

小児に多いアレルギー性紫斑病

アレルギー性紫斑病とは、別名ヘノッホ・シェーンライン紫斑病やアナフィラクトイド紫斑病、欠陥性紫斑病などと呼ばれている病気で、皮膚、関節、消化器、腎臓などの血管が炎症を起こし、血液が漏れる病気です。食物アレルギーや薬物アレルギーが原因となり発症します。紫斑とは内出血したあざのことです。5〜15歳の子どもに起こる病気で、特に3〜10歳の小児に最も多く、男児の方がかかりやすいとされていますが、年長の小児や成人にも怒る病気です。小児では最も頻度の高い血管炎といわれ、発症率も高いようです。アレルギー性紫斑病の半数は腎臓病が発症し、紫斑病性腎炎と呼ばれています。ほとんど完治するのですが1〜2%の患者さんに腎不全が起こるとされています。

アレルギー性紫斑病の診断

アレルギー性紫斑病の多くは風邪などの呼吸器感染の後に発症することが多いのですが、薬物に対するアレルギー反応によっても発症します。最初は足や腕、尻などの皮下で血液が漏れ、青紫の小さなあざができます。そのあざが数日経つと盛り上がって硬くなります。数週間で次々とあざができていきます。さらに関節が腫れて痛み、熱を持つこともあります。消化器に出血があるとお腹が痛んだり、けいれんが起こります。たいていは1ヵ月以内で治るとされています。アレルギー性紫斑病と診断されたら、アレルギーの原因と考えられる薬は中止します。

アレルギー性紫斑病と間違いやすい病気

アレルギー性紫斑は血液検査では特有のものがなく、診断が難しいとされている病気で、症状をあわせて診断されることが多いです。アレルギー性紫斑病と間違いやすい病気に血小板減少性紫斑病があります。心当たりがないのに赤い斑点がある場合は、アレルギー性紫斑病の可能性が高いのですが、紫斑だけなら血小板減少性紫斑病の可能性もあります。血小板減少性紫斑病とは、止血に必要な血小板が減少し、紫斑や鼻血などの症状が出る病気です。慢性と急性があり、小児の場合は急性の場合が多いです。どこかに足や手をぶつけていないのに青あざができている場合は、血小板減少性紫斑病、もしくはアレルギー性紫斑病の可能性があるので、医療機関で診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.