動物を飼っていて動物アレルギーの方へお願い

動物を飼っていて動物アレルギーの方へお願い

確かに動物アレルギーの方は、動物と触れるのは辛いことですし辛いと思いまが、安易に手放すことだけはお止めください。ペットと言えど、一緒に暮らしてきた大事な家族ですし、動物を捨てる行為は動物愛護法にふれる犯罪です。

これは脅しではありませんが、ペットと同居し続ければ動物アレルギーの悪化の可能性は大きくなります。しかし一方ではアレルゲンのひとつである動物が、いなくなったとしても精神的にストレスを感じれば、間違いなく免疫力は低下しますから他のアレルゲンの影響を強く受ける可能性が増すのです。

また、新生児がいる方は、動物アレルギーになってしまうんではないかと思う方もいるでしょうが、もともとアレルギー体質でないのに、動物のせいでアレルギーになるということはありません。逆に新生児のうちから動物が身近にいた子供のほうが、動物(犬や猫)が原因のアレルギーになることが少ないとも言われています。

アレルギーとは、生体に侵入した異物を攻撃する機能が過敏に働きすぎて体に影響を与えることをいいます。人間の子供の場合は、このメカニズムが確率するまでには、生まれてからしばらくかかりますので一概には言えません。免疫がないから危険だと思うでしょうが、それ以前に新生児の体は異物を認識することがまだ出来ないのです。
   
とにかく、「飼ったからには最後まで責任をもつ」。 この基本を忘れないでください。動物というのは、生きている「命」なのですから。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.