猫アレルギーの予防と対策

猫アレルギーの予防と対策

猫アレルギーの予防と対策としては、マメに猫の手入れをしてやることが最も有効です。次第に症状が緩和され、猫の衛生状態も向上するわけですから、『猫の手入れ』は大切です。

お風呂に入れる頻度

猫にお風呂を入れるのは、2週間に1度くらいが丁度良く、猫にとっても負担にならないでしょう。猫は風邪を引きやすく、環境の変化を受け入れにくいデリケートな動物ですので、どうしても嫌がる場合は恐怖やストレスから思わぬ結果を招くこともあり初めてのお風呂は、夏場のシャワーから練習をする方が良いかもしれません。

ドライヤーで乾かせない猫

ドライヤーで乾かせない猫がいることも考慮ください。お風呂に入れないこの場合は、ブラシにガーゼをつけ、抜け毛、フケが絡みやすいようにしておき、こまめにブラッシングをしてください。タップリと時間をかければ、猫の皮膚の代謝が良くなり猫自体にダニが付きにくくなるメリットもあります。固く絞ったタオルで、全身を拭いてやるだけでも効果はあります。

直接触れると症状が出る場合は、手袋や腕カバーをし、終わったら着替えるなどの工夫も必要です。それでもダメな場合は、家族の出来る方に頼みましょう。

直接触らせてくれない猫の場合は、とにかく触る練習からです。それでも、症状が出てしまう場合、まず、症状が出ない方にお願いしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.