猫アレルギーとは

猫アレルギーとは

猫アレルギーの症状とは

猫アレルギーとは猫と接触することでアレルギー症状を起こすことです。猫に触ったり、猫のいる部屋に入るだけでくしゃみがでたり、鼻水が出たり、顔が腫れる場合もあります。目が赤くなったり、ぜんそくが出たり咳がでることもあります。症状は人によってさまざまです。通常、ずっと猫と生活を共にしてきた人が、ある日突然猫アレルギーになるということはないと言われています。ある日、アレルギー症状が出るのはダニやハウスダスト、ストレス、疲労などの他の要因が複合的に作用してアレルギー症状を起こすとされています。また、猫アレルギーの人でも適切な治療を受け、環境に注意し、猫と一緒に生活していて猫アレルギーを克服した例もあるそうです。

猫アレルギーの原因

猫アレルギーの原因は猫から出るフケや体毛などのタンパク成分、尿、だ液などです。それらが人間の体内に入り込み、アレルギー症状の原因となります。猫を家の中で飼っている場合、猫のフケや体毛は目につきにくく、猫はさまざまな場所に移動するため家の中のあちこちにアレルゲンがあることになります。特に猫のフケは軽いので、空気中に漂い拡散されて場所を広げるので気づかないうちに触れている可能性も高いのです。猫アレルギー対策としては、猫に近寄らないことですが、ペットとして飼っている以上は、それは難しいですね。

猫アレルギーを緩和するために

猫アレルギーの対策として重要なのは、家の中を清潔にすることです。猫アレルギーの原因となっているアレルゲンを取り除くことが、猫アレルギーの対策になります。掃除はこまめに、掃除機をかけるときにはていねいにしっかりかけましょう。部屋の換気も忘れずに行います。カーテンや家具などにアレルゲンが付着している場合も多いです。それらの掃除もこまめに行いましょう。空気清浄機などを利用することも必要です。また、猫自体も清潔にすることも大切。数週間に1回程度はお風呂に入れたり、ブラッシングをしてあげましょう。さらに猫アレルギーである本人が健康でないとアレルギー症状は悪化します。常に健康でいられるように注意しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.